森ビル・チームラボ「クールジャパン・マッチングアワード 2021」でグランプリ獲得 開業1年で160ヵ国 230万人動員を評価

1年間で世界160か国以上から約230万人を動員

森ビル・チームラボ有限責任事業組合は、運営する「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス(以下、同館)」が、「クールジャパン・マッチングアワード 2021」でグランプリを獲得したと、3月19日に発表しました。

「クールジャパン・マッチングアワード2021」は内閣府が事務局を務めており、コロナ禍で海外との人流・物流が困難になっていても、分野・地域が連携、新しいスタイルのアウトバウンドインバウンドを進める先進的な取り組みを表彰。日本の魅力を海外展開する商品やサービスを生み出す優れた異業種間連携事業を称えています。

今回、同館が開業から1年間で世界160か国以上から約230万人を動員した実績や、そのうち外国人の割合が約50%にも上ったことでインバウンドに貢献した点、そしてコロナ禍でも感染症対策となるチケットシステム及び、ガイドアプリを導入したことが高く評価され、同アワードの獲得に至りました。

クールジャパン

クールジャパン

プロジェクターで実現した「地図のないミュージアム」

同館は都市再開発事業を手がける森ビルと、アート集団のチームラボが運営する「地図のないミュージアム」で、約500台ものエプソン製のプロジェクターで空間全体を覆い、圧倒的なスケールで作品の世界観を表現しています。

過去にも、「Leading Culture Destinations Awards 2018 ノミネート(英)」や、TIME誌「世界で最も素晴らしい場所 2019年度版」(米)など、数々の受賞歴があります。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」
https://borderless.teamlab.art/jp/

森ビル・チームラボ有限責任事業組合のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000046076.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。