「人を動かすことなくキャッシュフローの改善を」観光庁、地域観光支援事業の期間延長と対象範囲拡大を発表

観光庁は、4月1日に開始した「地域観光事業支援」について、支援措置の追加を発表しました。

追加発表では、感染状況に関わらず財政的支援が受けられるようになったほか、期限も2021年末までに延長することが決定しました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

地域観光支援事業、期間延長と対象地域拡大で観光業者を救う

地域観光支援事業は、Go To トラベル事業が再開されるまで間、新型コロナウイルス感染症の感染状況が落ち着いているステージ2相当以下の都道府県内の旅行に対する割引事業であり、2021年3月26日に発表されました。

1人1泊5,000円まで国から各都道府県に補助金が交付され、土産物店や飲食店、公共交通機関等で利用できるクーポン券を発行した場合には、1人1泊2,000円を上限に追加で補助金を交付する者でした。

これらの2つの補助金を組み合わせると、1人1泊当たり最大7,000円まで補助金を受け取れます。予算規模は総額で3,000億円を予定しています。

しかし、観光庁は4月23日に対象を感染状況がステージ3以上の都道府県も含めたすべての都道府県で同様の補助金を受け取れるようになることを発表しました。

また、当初は、同事業は5月末までの実施と期限が区切られていましたが、12月末まで延長されることになりました。

さらに、4月25日から発出された緊急事態宣言の対象区域となっている都府県を含め、ただちに割引事業の実施が難しい地域については、将来的にステージ2相当以下になった際に利用できる前売り宿泊券や旅行券の発行に割引を適用することも認めています。

観光庁は、同事業の狙いについて「人を動かすことなく宿泊事業者のキャッシュフローの改善を図りたい」と述べています。

今後、詳細が決定次第観光庁公式サイトで追加情報が発表される予定です。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
観光庁地域観光事業支援の実施について
観光庁地域観光事業支援における支援措置の追加について

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!