ニューヨーク市、32億円投じ観光業復活のためキャンペーン実施へ、夏には回復狙う

ニューヨーク市のデブラシオ市長と市DMOであるNYC&COMPANYは2021年4月21日、3,000万ドル(約32億8,100万円)の予算を投じてキャンペーン「NYC Reawakens(ニューヨークシティリアウェークンズ)」を行うと発表しました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

コロナ禍で打撃受けた観光業の回復を狙う「NYC Reawakens」

「NYC Reawakens」は、ニューヨーク市の目覚めという意味を持ち、新型コロナウイルス禍で大きな打撃を受けた観光業を早期回復させることを目標とするキャンペーンです。このキャンペーンは2021年6月から行われ、史上最大規模である3,000万ドル(約32億8,100万円)が投じられます。

ニューヨーク市DMOであるNYC&Companyの予測では、2021年には3,640万人が訪問するとしており、これは2019年に過去最高の訪問者数を達成した6,660万人の半分以上を達成すると見込んでいます。

また2024年には、市は以前の2019年の6,660万人を超え、6,930万人の訪問者が見込まれています。

2021年には訪問者3,640万人予測、2019年の半分以上まで回復へ

ニューヨーク市長デブラシオ氏は、「観光業はニューヨークで数十万人に職を提供しており、観光業界の回復に向けて取り組むことで、世界最大規模の旅行先に観光客を歓迎することを意味します。」と述べました。

また、「「NYC Reawakens」キャンペーンは、ニューヨーク市が歓迎する準備を整えたうえで、これまで以上に公正で、より良く、より活気のある都市を作成していることを世界中の旅行者に示します。」と続けています。

また同日に、NYC&Companyは「Wish You Were Here in NYC」キャンペーンを開始しました。これは、ニューヨーク市政府を通じニューヨーク市民が友人や家族にメールでニューヨーク市を訪問するよう招待状を送るキャンペーンです。

ワクチン接種が進むニューヨーク、観光産業の再興を目指す

さらに、同日の記者会見で、NYC&Companyは「NYCサマーレストランウィーク」の日程を発表しました。7月19日から8月15日まで開催される予定です。

NYC&Companyはまた、最近発表された黒人向けコンテンツ「The Black Experience in NYC」を含む、市の活気に満ちた多文化サービスを促進していくことを述べました。ラテン系やアジア人向けのコンテンツも、2021年後半にニューヨーク市ホームページで公開される予定です。

加えて、NYC&Companyは、ホテル、レストラン、アトラクション、小売店、会議場など、ニューヨーク市の新しい2021年の開発と開業の概要を提供しました。

ニューヨーク市では現在ワクチン接種が進んでおり、18歳以上の市民のうち53%がすでにワクチンを接種しています。また、市長も7月1日には、飲食店や娯楽施設の制限を撤廃する考えを示しています。

記者会見の様子については、以下の動画を参照してください。

6月から始まるキャンペーンに向けて、ニューヨーク市の観光産業が盛り上がっていくと考えられます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
NYC&Company:NYC & COMPANY PRESENTS “NYC REAWAKENS” AS NEW YORK CITY BEGINS TOURISM COMEBACK
東京新聞:ニューヨーク市長「市は7月1日に完全復活」 新型コロナワクチン接種進み、飲食店や娯楽施設の制限撤廃へ

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!