観光庁「宿泊旅行統計調査」発表 3月の延べ宿泊者数は前年同月比プラス13.9%

2月第2次、3月第1次速報

観光庁は、「宿泊旅行統計調査」の令和3年2月第2次、3月第1次速報値を4月28日に発表しています。全体の延べ宿泊者数は1,763万人泊で、うち外国人宿泊者数の割合は1.2%となっています。

宿泊旅行統計調査2月・3月

宿泊旅行統計調査2月・3月

延べ宿泊者数は前年同月比マイナス52.9%

2021年2月の延べ宿泊者数全体は、1,763万人泊で前年同月比52.9%のマイナスです。そのうち日本人延べ宿泊者数は1,743万人泊で前年同月比46.5%のマイナス、外国人は21万人泊で95.7%のマイナスとなっています。

3月は全体が2,726万人泊で前年同月比13.9%のプラス、日本人は2,696万人泊で18.2%のプラスです。外国人は、30万人泊で前年同月比73.9%のマイナスとなっています。

客室稼働率については、2月は26.9%で前年同月比25.8%のマイナス、3月は34.3%で前年同月比1.9%のプラスとなり、簡易宿所を除くすべての施設で前年同月をわずかに上回る結果となっています。

外国人の延べ宿泊者数は過去最低値

都道府県別では、2月の結果を対前年同月比でみると、最低が沖縄県、千葉県、福岡県、大阪府、石川県の順となっています。

2月の延べ宿泊者数のうち、外国人は21万人で全体の1.2%です。調査の中で最低値であった平成21年2月の118万人泊を大きく下回っています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

▼外部リンク

観光庁のプレスリリース
https://www.mlit.go.jp/kankocho/news02_000444.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。