中国EC「拼多多」、売上239%増達成 農業技術革新を強化

主に中間~低所得者層をターゲットとした中国のECプラットフォーム「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」が5月26日、2021年第1四半期(1~3月)の収益を発表しました。

ユーザー数は8億人を超え、第1四半期の売り上げは前年同期比239%増の221億7,000万元(約3,800億円)となりました。

関連記事
中国ECの新勢力「拼多多」とは?「共同購入」による競合との差別化とその戦略:品質トラブル多発の側面も

拼多多、第1四半期は高成長

拼多多は2021年5月26日、第1四半期の売り上げとして市場予測を上回る約3,800億円の売り上げを達成したことを発表しました。

また、2021年3月までの1年間で、年間アクティブバイヤー数が8億2,380万人を達成したことも発表されました。

売上好調に加え、営業損失と純損失も縮小したことも受け、拼多多の株価は取引開始前に3.5%以上値上がりしました。

オンラインマーケティングサービスの増収が高成長につながる

今四半期の拼多多の売上高を押し上げたのはオンラインマーケティングサービスの増収です。

同事業の売上高は前年同期比157%増加の141億1,150万元(約2,400億円)となりました。

同社のプラットフォームに出店する事業者は累計860万店を超え、依然ハイペースで増加を続けています。

また総額100億元(約1,700億円)の補助金キャンペーン「百億補貼」に参加した公式旗艦店は10倍以上に増加しており、小型家電ブランドの旗艦店では前年同期に比べて600店以上が新規出店しています。

拼多多は2021年1月から補助金対象の出店業者から手数料を徴収し始めたものの、手数料は1~3%と中国大手ECモール「天猫(Tmall)」の手数料と比べると半分の水準であることから、出店が続いていると考えられます。

このように、出店事業者数の増加が続いていることから次の四半期に向けてさらなる成長が見込まれるでしょう。

農業技術革新を強化

また同日のニュースリリースで、拼多多動物性タンパク質を植物性タンパク質に置き換えることによる健康への影響調査シンガポール科学技術研究庁と共同で行うことを発表しました。

さらに、将来に適したロジスティクス情報システムと、農業に焦点を当てたインフラ型プラットフォームについても開発を進めることが明らかにされました。

増収増益を背景に農業分野においての技術革新がどこまで進むのか注目されます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
拼多多Pinduoduo intensifies agriculture modernization drive as 1Q revenue tops estimates, users surpass 800 m

情報

https://36kr.jp/134821/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!