EUが日本を「安全な国」リストに追加の見通し、観光目的の入国可能に

欧州連合(以下:EU)が、日本を「安全な国リスト」に追加する方針であることがわかりました。

6月1日にロイター通信が報じており、2日の会合で正式決定する見通しだということです。

関連記事
EU、夏の観光再開へ向けてデジタル証明書導入を決定

EUが日本を「安全な国」リストに追加の方針

EUは現在、新型コロナウイルス感染症の感染状況に応じて、複数の国と地域を「安全な国」リストに追加し、EUへの不要不急の渡航を許可しています。ロイター通信が報じたところでは、日本も6月2日にはこのリストに追加される予定とのことです。

夏にはEUへの観光が可能に?

ロイター通信によると、EUは、6月2日に開催される会合で、日本を「安全」な国リストに追加することを決定する方針でいるとのことです。

「安全」な国リストに含まれる国は、新型コロナウイルス感染症への感染率が低いとされ、EU域内への観光目的を含む渡航、入国が可能とされています。

5月6日時点では、以下の国と地域が対象です。

  1. オーストラリア
  2. イスラエル
  3. ニュージーランド
  4. ルワンダ
  5. シンガポール
  6. 韓国
  7. タイ
  8. 香港とマカオを含む中国(該当国、地域がEUとの往来再開を承認した場合)

なお、EUは5月21日に、域内全体で使えるデジタル健康証明書「EU Digital COVID Certificate」を導入することに最終合意しており、7月1日からの運用開始を予定していることも発表しています。

夏の観光シーズンを前に、域内外からの観光客受け入れと観光業再開に向けて、EUの動きが加速しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
ロイター:EU、日本を「安全」国リストに追加の見通し 渡航制限解除へ
Europian Comission:Travel during the coronavirus pandemic

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!