羽田空港で自動運転車いす導入|職員負担軽減、MaaS促進へ

羽田空港国内線第1・第2ターミナル出発ゲートラウンジで、次世代型パーソナルモビリティ自動運行サービス(自動運転車いす)が全面的にスタートします。

一人乗りの自動運転車いすを利用し、待機場所から搭乗便の搭乗口まで自動運転モードで案内します。

長距離の歩行に不安を感じる人を含むすべてにMaaSの観点から快適な移動手段を提供するとともに、空港係員の負担軽減、接触を回避することで新型コロナウイルスの感染リスク低減も見込んでいます。

羽田空港で自動運転車いす、全面的に導入

羽田空港では、2021年6月14日から第1ターミナルの全域と第2ターミナルの北エリアで自動運転車いすが導入されることが決定しました。

第2ターミナルの残りの部分でも、7月中旬までには導入される予定です。

羽田空港では2020年7月世界で初めて自動運転車いすを初期導入しており、安定した運用が確立されたため、今回の正式導入となりました。

これにより、第1ターミナルに乗り入れる日本航空とスカイマーク、スターフライヤー、第2発着の全日本空輸とエア・ドゥ、ソラシドエアの国内線全6社の乗客がサービスを利用できることになります。

待機場所から利用者の搭乗便の搭乗口まで、自動運転モードにて案内するサービスです。利用終了後は無人運転により待機場所まで返却されるため、空港職員の手が触れることなく利用可能です。

自動運転システムを提供するのはWHILL社で、利用は無料、運用時間は8~20時です。

職員負担軽減、MaaSの観点から導入決定

今回のサービスは、地上係員の負担軽減の観点、またコロナ対策の観点から導入が促進されました。

空港内で車いすを使いたいというニーズが多い一方で、地上係員の負担軽減や省力化、新型コロナウイルスの感染リスク低減の観点から、車いすを自動運転のものに置き換え、人がやるべきサービスに特化していく狙いがあると考えられます。

また、MaaSの観点からも導入が促進されました。

航空や鉄道、バス、タクシーなど、マイカー以外の異なる交通手段を1つの移動手段として捉える概念である「MaaS」では、自動運転の電動車いすが空港内の移動手段を担い、シームレスな移動が促進されると考えられます。

職員の負担軽減、接触リスク回避、そして移動の利便性を高めるというMaaSの観点からも、今後も国内の空港、また施設で積極的な導入が図られるべきだと考えられます。

ただし今回羽田空港では、主に国内線が運航されるターミナルでの導入となりましたが、国際線が運航される第3ターミナルでもインバウンド客対応のため導入が図られるべきだと考えられます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
羽田空港:「次世代型パーソナルモビリティ自動運行サービス」羽田空港国内線第 1・第 2 ターミナル出発ゲートラウンジにて全面的に展開します!

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!