世界3大航空連合、G7で渡航の統一要件呼びかけへ 隔離免除、検査がカギに

ワンワールド、スカイチーム、スターアライアンスの3大航空アライアンスは、2021年6月11日から13日に開催されるG7サミットでコロナからの回復に向け、各国政府に渡航要件を統一、確立するよう呼びかけています。

イギリスで開催される7カ国首脳会議では新型コロナウイルスに関連する各種対応を議題に扱うということです。

この会議で世界共通トラベルスタンダードの合意が形成されると、安全を担保しながら多くの旅行者の利便性も確保できるようになります。

G7で3大航空アライアンス要望、渡航要件確立へ

航空会社が相互に連携するアライアンスは、安全な国境の再開を可能にするよう渡航・衛生に関する共通基準への合意をG7各国政府に呼びかけています。

ワクチン接種の普及により、世界では徐々に隔離なしの渡航が再開されつつあれますが、未だにコロナの感染リスクに対処するための世界全体で統一した渡航に関する規格がありません。

3大航空アライアンスは、国・空港により異なる運用方法、規制、そして急かつ多頻度な変更は利用者に混乱やストレスを与え、渡航に支障をきたすと指摘しています。

具体的には統一見解として、各国が共通して以下の項目を実施するよう求めています。

  1. ワクチン接種が完了した乗客の検疫免除
  2. 簡便・安価、かつ一貫性ある新型コロナウイルスの検査
  3. 乗継客が空港内のトランジットゾーンに留まる場合は追加検査や検疫制限の免除

さらにワクチン接種証明書を含む渡航要件管理のデジタル化、WHOやICAOが定める共通要件や基準への合意を求めたIATAの呼びかけをG7が支持することを求めています。

3大航空アライアンスが連携して各国政府へ呼びかけることで、実効性を担保しながら、旅客の利便性を保つ世界的な仕組みが作られることが期待されます。

関連記事
差別や悪用のリスクも「ワクチンパスポート」実現が一筋縄ではいかない理由

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
ANAグループ:ワンワールド、スカイチーム、スターアライアンスは世界共通のトラベルスタンダードを望みます

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!