農水省「食×○○」の体験コンテンツ募集、インバウンド向け情報発信を後押し「食かけるプライズ2021」

農林水産省は、日本滞在中の食体験を外国人が帰国後も再体験できるような環境整備を図り、日本産農林水産物・食品の輸出拡大につなげていく「食かけるプロジェクト」を行っています。

その一環として、日本各地の食・食文化を深く知ることができる食体験を表彰する「食かけるプライズ2021」の募集を開始しました。

受賞メリット(副賞)として販路開拓支援、越境EC支援、専門家によるコンテンツの磨き上げなどがあり、コロナ後の訪日外国人客獲得に向けた支援が期待できます。

農林水産省、「食かけるプライズ2021」募集へ

日本には単に食べるだけではなく、食×エンタメ、食×アート、食×スポーツ、食×歴史など、食を通じて出会い、知り、深く共感できるような食体験が多くあります。

農林水産省ではそのような食に関わる体験を募集し、集まった事例から素晴らしいアイデアを選定し、日本の食の魅力を訪日外国人に発信することを目的とした「食かけるプライズ」を実施しています。

2021年においてもコロナ収束後の外国人観光客の訪日再開を見据え、消費回復を後押しするために「食かけるプライズ2021」を実施し、全国から食体験を募集しています。

募集期間は、5月27日から7月19日までです。

「食かけるプライズ2021」応募要項

食かけるプライズ2021に応募するには訪日外国人向けに食体験を販売または検討している事業者が、これまでに商品化またはファムトリップ等で提供したことがある日本の食・食文化で、それらを深く知ることができる食体験のコンテンツが必要です。

応募には以下のものが必要となります。

  • 食体験の写真又は動画(1分以内)
  • 写真の表題(20文字以内)と体験内容の説明(50文字~200文字以内)
  • 体験又は食品の販売実績の有無や今後の販売意向等について
  • 会社名又は団体名、担当者名、住所、電話番号、メールアドレス

選考は、「食×○○」と説明できるような食と何かが絡んだ体験であるか、訪日観光客が体験したくなる魅力のある内容であるか、日本の食文化が世界へ効果的に伝えられる内容であるかなどを基準に選ばれます。

受賞メリット(副賞)について

賞として食かける大賞(1社)、食かける賞(10社程度)や特別賞、副賞などが予定されています。

副賞として以下のものが提供されます。

  • 食体験動画の制作(1分程度/本)
  • 訪日向け旅行商品販売サイト等における食体験の情報発信
  • 体験コンテンツを商品化するための専門家等の派遣体験に関する農林水産物・食品の輸出商品化の磨き上げ
  • 販路開拓支援及び越境ECへの掲載支援
  • 食体験の先進事例発表会の開催

審査結果は9月中に農林水産省ホームページ及び公式サイトにおいて発表されます。

詳しい応募要項、専用応募フォームについては以下の公式サイトから確認可能です。また、過去2年分の受賞作品も紹介されています。

公式サイト:日本各地のディープな食体験を世界へ!「食かけるプライズ2021」募集、はじまる。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!