Instagram運用はお任せ!株式会社RadixによるInstagram運用支援サービス「SAKIYOMI」

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

Instagramは今や検索エンジンの代わりや情報収集ツールとして使われるほど重要な立ち位置となっています。

しかし、集客を狙っていざInstagramを始めてみても、ストーリーズ、リールなどの機能がややこしかったり、わかりやすく拡散を狙えるわけでもないため、みんながみんなうまく使いこなしているとは限りません。

そこで今回は株式会社RadixのInstagram運用支援サービス「SAKIYOMI」をご紹介します。

SAKIYOMIの資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

SAKIYOMIの詳細はこちら


Instagram運用を行うべき理由

Instagramの重要性が増しているのには一体どういった理由があるのでしょうか。SAKIYOMIでは以下のように考えています。

Instagramの市場
▲Instagramの市場:株式会社Radix

市場の変化

Instagramは直近数年でユニークユーザー数が3倍になり、現在も増え続けています。

それに加え、ショップ機能やインスタライブでの投げ銭、ライブコマースの実現など商業利用に最適化されている点や、検索、情報収集のツールとしても使用されています。

さらに、ユーザーのロイヤリティが高く、商品購入に繋がりやすいことも特徴の1つです。これらのことからInstagram市場は重要なポジションとなっています。

広範囲に及ぶ集客アプローチ

Instagramを活用することによって今まで不可能であった集客アプローチが可能となります。

例えばフォロワーに対して継続的に興味を促すアプローチや、メディアとしてコンテンツを発信することでユーザーを惹きつけ、商品接続へのエンゲージメントを高めるアプローチなどがあげられます。

成果を出す運用ロジック

Instagramの重要性がわかったところで、だた何も戦略を立てずに投稿を行うだけでは意味はありません。

SAKIYOMIでは運用ロジックを4つのステップに分け、Instagramの効率的な運用を図ります。

4つの運用ロジック
▲4つの運用ロジック:株式会社Radix

エンゲージメントの向上

1つ目のステップは、フォロワーとのエンゲージメンを向上させ、投稿内容がフォロワーにしっかりと見られている状態を作ります。

このエンゲージメントを向上させるためには「量」と「質」を意識した継続的な施策が重要となります。

リーチ数向上

2つ目のステップは投稿がフォロワー外にリーチ(露出)している状態を作ることです。

フォロワー外にリーチを拡大するためには投稿に対する「保存」アクションを促すことが重要です。「保存」を促すためにもユーザーがあとで見返したくなるような投稿を行う必要があります。

プロフアクセス率向上

フォロワー外からのリーチが増えるにあたり、多くの人がプロフィールを訪問する状態を作ることが3つ目のステップです。

投稿からプロフィールへ遷移を促すには、投稿内でアカウントに関する情報を訴求することが重要です。

フォロワー転換率の向上

4つ目のステップとして、プロフィールアクセスから多くの人がフォローしてくれる状態を作ることです。

訪問してもらったユーザーからのフォローを促すには、一目見て「どんなメリットがあるのか」と感じさせるようなプロフィール画面にすることが大切です。

集客に向けた導線づくり

SAKIYOMIではInstagram商品などに興味を持ってもらい、その後の問い合わせや実店舗への来店する流れをInstagram内のコンテンツで実現させます。

Instagramで促すユーザー状況の変化
▲Instagramで促すユーザー状況の変化:株式会社Radix

例えば、ユーザーのニーズに応えたコンテンツを充実させたり、サービスPRを行うなどです。

さらに、興味はあるものの購入にまでできない方のために購入障壁を解消する情報を発信したり、ユーザーへの口コミを訴求することで、来店や購入へと結びつけます。

商品購買へと結びつけるInstagram運用を

Instagram運用にはポイントがあり、それをSAKIYOMIは押さえ、効率的な運用を実現することを紹介しました。

これからInstagramを活用したいと考えている方は、SAKIYOMIを利用し、着実に影響力のあるアカウントとして機能させることも一つの手でしょう。

また、現在Instagramを利用しているがなかなかフォロワーが増えない、効果があるのかどうかがわからない、などの悩みを抱えている方にとっても、SAKIYOMIを活用することは大きなプラスとなるでしょう。

SAKIYOMIの資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

SAKIYOMIの詳細はこちら

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!