マカオ政府旅游局、新交通システムLRTと連携した旅行者向けキャンペーンを展開

MGTO(マカオ政府旅游局)は、マカオの新しい交通システムである「マカオLRT」の運営会社と連携し、マカオLRTの3日間乗り放題パス「麥麥軽軌通」(MAK MAK Light Rapid Transit (LRT) Pass)の提供を開始することを発表しました。

同計画は、マカオへの訪問者により幅広く便利な交通手段の提供と、さらなる観光と経済復興のために地域社会での支出を促進することを目的としています。

マカオ航空の利用客を対象に、マカオLRTを3日間乗り放題へ

このパスは、便名に「NX」と付くマカオ国際空港(MFM)のフライトを利用した旅客を対象としており、引き換える際は到着後7日以内の搭乗券と、搭乗券に記載の名前と身分証に記載の名前が一致している必要があります。

旅客はマカオ国際空港旅客ターミナルビルの観光案内所(9:00~22:00)と、同空港出発ホールのチケット発券カウンター(20:00~22:00)で引き換えが可能となっています。

MAKMAKLRTパス:MGTOプレスリリース
▲MAKMAKLRTパス:MGTOプレスリリース

尚、有効期限は最初に改札でスキャンした日を1日とカウントし、3日目の終電としています。

マカオLRTの利便性向上が狙いか

MAKMAKLRTパスは現金との交換は未対応で、3日間の使用後は利用規約に従い、引き続きパスを使用する旅客は現金をチャージすることでIC乗車券としても使用可能ということです。

チャージで10年間の継続利用を可能としていることから、LRT利用者の利便性がさらに高まるといえそうです。

2019年12月10日に正式に運航を開始したLRTは、「タイパ・フェリーターミナル」からマカオ国際空港を経て、コタイ地区の外周を通り「海洋駅」までの約9.3㎞(11駅)を走っており、運行時間は6:30~23:15で10~15分間隔で運行されています。

また、開通後1週間で21万人が利用したことから、マカオ市民や観光客からの注目度の高さが伺えます。

インバウンド対策にお困りですか?

「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
MGTO:プレスリリース
マカオ観光局日本地区マーケティングリプレゼンタティブ:ニュースリリース

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!