中国・国内旅行需要、今年中に2019年レベルに回復か 米調査会社発表

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

アメリカの旅行市場調査会社フォーカスライト(Phocuswright)が旅行調査レポート「中国の旅行マーケット2020~2024年」を発表しました。

このレポートによると、2021年の国内旅行需要は前年比54%増の1,270億ドル(約13兆8,000億円)となり、2019年レベルに回復するとの見方を示しました。

特に海外旅行においては、複数の航空会社を検討できることからOTAを用いての予約が進むと予想されています。

中国、2021年の国内旅行需要はコロナ前まで回復へ

フォーカスライトは中国における航空会社、ホテルおよび宿泊、鉄道、レンタカーの2024年までの需要予測を発表しました。

レポートによると、今年の国内旅行需要は前年比54%増の約13兆8,000億となり、コロナ前の2019年レベルまで回復する見通しです。

中国では祝日の旅行について回復傾向にあり、旅行意欲の高さがうかがえます。

なお、中国市場での航空会社、ホテルおよび宿泊、鉄道、レンタカーそれぞれの需要予測はグラフのようになっています。

中国市場での航空会社、ホテルおよび宿泊、鉄道、レンタカーの需要予測:フォーカスライト社
▲中国市場での航空会社、ホテルおよび宿泊、鉄道、レンタカーの需要予測:フォーカスライト社

まず、航空会社においては半分以上がオンライン販売となっています。この比率は2020年もさらに拡大し、OTA経由の航空券予約が全体の54%を占めました。

しかし2021年は、サプライヤー各社が巻き返し、シェアが前年比2ポイント増になると予測しています。

一方、観光目的の旅行や海外旅行では、OTAのシェアがわずかに上回る見込みです。

その理由として、複数の航空会社を比較検討できることや、各種サービスの中から自分に適したサービスを選べるなどの利点があげられています。

次に、宿泊施設においては過去10年にわたり合併・統合が進み、大手チェーン系が多数を占めています。

国内のトップ50ホテルチェーンが供給客室数全体の80%以上を占めていますが、コロナ禍の影響を受けて宿泊施設数の減少が進んでいます

そして鉄道については、鉄道各社の直営アカウント経由が全体の半分以上を占めています。ただし、Ctripアリババ傘下のFliggyによる鉄道販売は一般的となっています。

近年では鉄道を予約した人に、他の旅行関連商品も販売するクロスセール手法が目立つようになっています。

最後にレンタカーについて、中国は中小の独立系レンタカー会社がマーケット全体の半分以上を占めています。

運転免許を取得した中流層ドライバー人口の増加や、高速道路の整備が進んでいることで、レンタカー市場は急成長しています。

一方中小企業ではオンライン予約比率が50%を切る水準で進んでいます。今後レンタカー業界の合併・統合が進むのかどうかが焦点となりそうです。

レポートの詳細については有料でフォーカスライトの公式サイトからダウンロードできます。

中国の旅行事情を理解することにより、入国制限撤廃後中国からの観光客の動向を予測し、またそれらへの適切な対応が行えるものと考えられます。

特に中国人の海外旅行については、オンラインを通じた販売が人気であることから、OTAへの対策も十分に行うべきだと考えられます。

関連記事
観光再開に踏み切った国は アフターコロナの世界の観光業、主要11か国の現在
端午節連休、観光収入5,000億円 前年比139%増加 観光客数はコロナ前まで回復

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
フォーカスライト:A snapshot of airlines, hotels & lodging, rail and car rental in China

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる
完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!