2023年に東京着の訪日クルーズ旅行を予定、既にキャンセル待ちも 米クルーズ会社がプラン発表

アメリカのクルーズ会社「Regent Seven Seas Cruises」は、2023年に東京を目的地とするクルーズ旅行を実施することを明らかにしました。

新型コロナウイルス感染症の発生以降、インバウンド停止、クルーズ旅行の衰退などがみられていましたが、2023年にはクルーズ船による訪日旅行客を迎えられるようです。

バリ発東京着、香港発東京着のプランがすでに発表されており、日本周遊プランも設けられています。

クルーズ訪日旅行2023年に再開か、早くもキャンセル待ちカテゴリも

Regent Seven Seas Cruisesが、東京着のクルーズ旅行プランを発表しました。すでに予約が開始しており、プランの一部ではキャンセル待ちも見られます。

バリ、香港からのクルーズ旅行、東京発着の周遊プランも

Regent Seven Seas Cruisesが発表した東京着の訪日クルーズ旅行は、バリ発、香港発の2つのプランがあります。

バリ発東京着のプランは29日間のクルーズ旅行となっており、シンガポール、タイ、ベトナム、香港、中国を巡ったのちに日本に到着します。日本の寄港地としては鹿児島~高知~京都~東京というプランです。

香港発東京着のプランは14日間のクルーズ旅行で、台湾、中国を経由して日本に到着します。日本国内の寄港地は、バリ発プランと同様です。

両プランともに、東京到着後には無料で3日間の宿泊プランのを楽しむことができるということです。そのため、東京周辺のインバウンド需要も期待できるでしょう。

また、Regent Seven Seas Cruisesは東京発着の周遊プランも発表しています。同プランでは、名古屋、京都、沖縄のほかに韓国にも寄港する予定です。

コロナ禍によって停止状態が続いていた訪日クルーズ旅行ですが、2023年にはクルーズ旅行再開とともに訪日客も迎えられる見通しです。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
TTG ASIA:Regent Seven Seas Cruises unveils Japan itinerary for 2023
Regent Seven Seas Cruises:BALI (BENOA) TO TOKYO
Regent Seven Seas Cruises:HONG KONG TO TOKYO

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!