海外で支持される「日本のエンタメ」とは?1970年代のシティポップが国内外で人気再燃

海外向けに日本国内のECサイトから代理購入を行うサービス「Buyee(バイイー)」を運営するBEENOS株式会社(以下:BEENOS)が、「2021年上半期 越境エンタメ トレンドレポート」を発表しました。

「Buyee」の購買データより2021年上半期に世界で人気を集めた日本のエンタメを「本」、「音楽」、「グッズ」のジャンル別で紹介しています。各部門で人気を集めたものは「動画配信コミックス」、「シティポップ」、「トレーディングカード」や「VTuber」となりました。

「BEENOS 2021年上半期 越境ECランキング」同様に、今回のエンタメ特化編ランキングでも「日本推し」の傾向が見られます。

関連記事:2021年上半期、海外で売れた日本の商品は?

海外で人気の「日本のエンタメ」は? コロナ禍の影響も大きく

BEENOSによれば、コロナ禍によって世界的にステイホームが求められる中、「巣ごもり消費」が海外でも伸長しているといいます。

その中で日本のコンテンツに接する時間が増え、「Buyee」の2021年第2四半期の流通総額は前年同期比+45.6%と大きく伸長し、特に「エンタメ」ジャンルの人気が高まったとのことです。

また、新型コロナウィルス感染症拡大の影響によりDXが急速に進み、コンテンツを通じてボーダレスに世界のファンがつながり、コミュニティ内の熱狂が消費を動かしたことも一因としています。

海外で人気の本は「動画配信コミックス」「BL」

まず、「本」部門での人気コンテンツを紹介します。

2021年上半期は、日本のアニメがさらなる注目を集めた期間でした。

劇場版が日本映画の興行収入を塗り替えるなど国内で大ヒットしたアニメ「鬼滅の刃」は世界でも人気を集め、8月8日に行われた東京五輪閉会式でもBGMとして使用され、SNS上で歓喜の声が上がりました。

BEENOSは、コロナ禍の巣ごもりで配信サービスでの動画視聴が増加したとしています。例としては、「鬼滅の刃」のほか「進撃の巨人」、「呪術廻戦」、「東京卍リベンジャーズ」などが挙げられます。

そして、その原作となるコミックスも好調な販売を見せたということです。最新刊だけでなく、過去作含めた「大人買い」が起こり、さらに関連商品の文房具やフィギュアなどもまとめて購入されました。

また、「BL」(ボーイズラブ)ジャンルが世界的にも注目され、タイや中国のドラマが日本でも話題になりました。

日本の作品は「BL」の歴史が深いとされており、これが海外でも人気を博しました。主にアメリカ、中国、台湾エリア、タイなどから購入されています。

海外で人気の音楽は「シティポップ」

次に「音楽」部門の人気コンテンツを紹介します。

海外で人気だったのは、「シティポップ」ジャンルです。これは、主に1970年代後半から1980年代にかけて日本で流行した都会的なサウンドが特徴のポップス楽曲で、国内外で人気が再燃しています。

動画サイトやSNSなどをきっかけに、曲の持つ洗練された雰囲気が「新しい!」と評価されているとのことです。韓国人DJがクラブで「シティポップ」の定番曲を流してムーブメントの仕掛け人となる現象が起こるなど世界で流行中の一大ジャンルとなっています。

「Buyee」では「シティポップ」関連商品の流通量が、前年同期比2.24倍に伸長しました。

「シティポップ」関連商品の流通量
▲「シティポップ」関連商品の流通量:BEENOS株式会社プレスリリースより

引用元:BEENOS株式会社プレスリリース

越境ECで特に売れているのがLPレコードで、ジャケットや音質が高く評価され、日本特有の「パッケージ文化」を象徴するレコードが海外のコレクター心をくすぐっているということです。

海外で人気のエンタメグッズは「トレーディングカード」「VTuber」

最後の部門は「グッズ」です。

2021年上半期はトレーディングカードの需要が高まり、特典カードが入った限定商品の需要が白熱しました。

趣味性の高いロングテール商材は世界中のお客様にリーチできる越境ECにおいて需要が高くなる傾向があるため、「エンタメ」商品は越境ECと相性が良く、流通に結び付きやすいジャンルだということです。

Buyeeでは、「トレーディングカード」関連商品の流通量が前年同期比2.42倍、流通金額が4.51倍に伸長しました。

「トレーディングカード」関連商品の流通量と流通金額
▲「トレーディングカード」関連商品の流通量と流通金額:BEENOS株式会社プレスリリースより


引用元:BEENOS株式会社プレスリリース

また、クリエイターによる創作の総合マーケット「BOOTH」では世界的にも有名なVTuberのグッズが好調で、特にアメリカからの注文が殺到したといいます。

VTuber関連のグッズは海外のリアル店舗での購入が難しいため、日本のコンテンツと希少性の掛け合わせがファンの熱気と流通を生み出したと分析しています。

Japanコンテンツを愛する人は「日本推し」なコレクター

越境ECでは、「日本推し」な外国人からの支持が顕著であるようです。

BEENOSはハイブリッド型総合書店「honto」における購買データから「日本推し」なコレクター傾向にある外国人を分析しました。

「Japanコンテンツを愛するお客様」カテゴリ別ランキング
▲「Japanコンテンツを愛するお客様」カテゴリ別ランキング:BEENOS株式会社プレスリリースより

引用元:BEENOS株式会社プレスリリース

「Japanコンテンツ」を愛する外国人はアメリカに最も多く、次いでオーストラリア、台湾エリアが多いとされています。男女比はほぼ半々で、年代層は20代が最も多く、30代、40代と続いています。

本以外でも、日本のアーティストやアイドルのCDやDVD、Blu-ray Discなどを購入しているケースもあり、日本のコンテンツを紙の本やCDでコレクションしたいという想いが表れています。

また、ノートやボールペンなど安価で品質の良い日本の文房具や、グラノーラやカップラーメン、インスタントコーヒー、出汁などの日常食品を購入する人も多く、日本のアイテムで生活を彩りたいという想いを感じる結果となりました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
BEENOS株式会社:プレスリリース

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!