バーチャル日本博、VR空間上に日本の美が出現 国内外に発信 文化庁

2021年8月17日、「日本の美」を国内外に発信する政府のプロジェクト「日本博」のバーチャル版がオープンしました。

実際に行われる日本博事業とのつながりを持たせ、実際の会場での「リアル体験」とVR空間上に設置した「バーチャル体験」の融合を目指すものです。

デジタルコンテンツを活用して文化芸術活動を発信する、新たな取り組みとして注目されます。

「日本博」バーチャル版がオープン

文化庁は、「日本博」のバーチャル版が2021年8月17日にオープンしたことを発表しました。

日本博とは、全国の美術館やイベントなどが連携して「日本の美」を国内外に発信する政府のプロジェクトで、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機としてスタートしました。

日本の誇る文化を国内外に発信し次世代に伝えることで、さらなる未来の創生を目指すため、美術展や舞台芸術公演、芸術祭などの日本博プログラムが年間を通じて全国各地で展開されています。

「バーチャル日本博」では、日本博の総合テーマである「日本人と自然」を掲げ、動画やVR、画像などのデジタルコンテンツを活用して、縄文から現代に至るまでさまざまな「日本の美」を表現します。

デジタルコンテンツは日本語と英語で発信され、国内外からアクセス可能な体験型バーチャル空間が構築されています。

今秋以降は3DCGで描かれる日本の自然や都市が共生する空間として拡張するとともに、視聴者がアバターとなり事業者とコミュニケーションができる機能も追加されます。

縄文時代から現代まで45事業、240点のデジタルコンテンツを掲載

バーチャル日本博では、日本博でこれまで実施されてきた事業や、現在全国の各会場で開催されている事業のうち、45事業、計240点のデジタルコンテンツが掲載されます。

展示エリアとして、6つの部屋に分かれたフロアが2つ用意され、バーチャル空間内で自由に回遊しながらコンテンツを楽しむことができます。

コンテンツは1万年前の縄文時代の文化財から、仏像などの彫刻や浮世絵、工芸、きもの、ファッション、現代アート、マンガ、アニメなどの展覧会のほか、歌舞伎や能楽・文楽といった伝統芸能や現代舞台芸術、芸術祭、アイヌ文化を活用した各種体験事業など多岐にわたります。

今後はオンラインツアーや舞台公演の配信なども順次行われる予定で、さらなる展開に注目が高まっています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

バーチャル日本博公式サイト:日本博について

日本芸術文化振興会:バーチャル日本博 オープン

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!