タクシー大手 第一交通、沖縄観光回復見据えた「MaaS」開始 来年1月から

9月7日、タクシー大手の第一交通産業は、スマートフォンを利用した次世代移動サービス「MaaS(マース)」を、2022年1月から沖縄県内で導入することを発表しました。

新型コロナウイルスワクチン接種が進むなか、観光需要の回復を見据えて、交通ネットワークの利便性向上などを目指します。

タクシー大手の第一交通産業、沖縄でMaaS開始

タクシー大手の第一交通産業は9月7日、沖縄県でMaaSの社会実装「沖縄スマートシフトプロジェクト」を開始することを発表しました。

Maasとは「Mobility as a Service」の略称で、バスや船などのあらゆる交通モードをつなげて、シームレスな移動を実現するものです。

スマホアプリ活用で移動時間短縮、渋滞改善

国内外からの観光客の増大が見込まれる沖縄県では、交通渋滞や環境問題などが顕在化することが懸念されています。

プロジェクトは、このような社会問題を解決するため、トヨタ自動車グループが運営するスマートフォン用アプリ「My route(マイルート)」を活用するものです。

観光客がアプリに現在地と目的地を入力すると、バスやタクシー、カーシェアなどの複数の移動手段の中から、最適なルートが提案されます。

バスや船の乗車・乗船券のデジタル化も

第一交通は沖縄県内で路線バスやタクシーの運行のほか、那覇市と沖縄本島北部を結ぶ高速船を運航しています。

サービスの導入に合わせ、同社では路線バスや高速船の乗車・乗船券をデジタル化して、アプリを通じた予約や決済ができるようにします。

例えば人気の観光スポットである「沖縄美ら海水族館」がある本島北部の本部町に那覇市から向かう際、アプリでは、車よりも移動時間の短い高速船の利用が提案されます。

観光客はデジタルチケットを利用することで、移動に要する手続きなどを軽減することができます。

那覇市と本島北部を結ぶ国道は、コロナ以前は観光客の増加により慢性的な渋滞が発生しており、より効率的な交通手段を提案することで、移動時間の短縮だけでなく渋滞の改善にも寄与することが期待されます。

また第一交通は、観光地と連携した電子クーポンの発行も検討しており、地域活性化にもつなげたい狙いです。

関連記事:観光型MaaS整備でアフターコロナのインバウンド誘致へ | MaaSの意味や国内の事例を解説

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
読売新聞オンライン:沖縄観光回復見据え「MaaS」…第一交通、来年1月から   
第一交通産業:沖縄県でMaaSの社会実装「沖縄スマートシフトプロジェクト」を開始~移動需要増大に向けたシームレスな移動手段の提供について~

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!