中国上海市、消費促進に向け「免税経済」構築計画を発表

9月18日、中国の上海市政府は「免税経済」を構築する計画を発表しました。

消費促進に向け、免税品の販売を申請する企業を支援し、ホテルや空港、ショッピングモールなど商業施設での免税店開設を促す計画です。

中国上海市、「免税経済」構築計画を発表

9月18日に公表された2021~25年の消費計画において、中国の上海市政府は「免税経済」を構築する方針を示しました。

関税品の高い高級品を含め、輸入品の支出促進につなげるものです。

中国の消費財の輸入関税率は、香水や時計といった高級品の一部では30%を超えています。

現状、中国国内での免税の買い物は、「中国のハワイ」とも呼ばれる南部の海南島に集中しており、海南島のショッピングモールには毎年多数の国内旅行者が訪れます。

海南島では2020年7月1日から、個人の免税品購入額の上限が年間3万元(約50万6千円)から10万元(約168万円)に引き上げられました。

海口税関によれば、同日から2021年6月30日までに、海南島での免税対象購入金額は、前年同期比3倍の468億元、観光客は同2倍の628万人と、大幅に増加しています。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う海外渡航規制を受けて、海南島に買い物へ訪れる旅行者はさらに増加しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

ロイター:中国上海市、「免税経済」構築を計画 消費促進へ

ジェトロ:海南自由貿易港政策開始から1年、免税売上高は前年同期比3倍に

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!