広島国際空港、山陰インバウンド機構とパートナーシップ協定締結 滞在型観光推進へ

広島国際空港は29日、鳥取、島根両県などでつくる「山陰インバウンド機構」とパートナーシップ協定を結びました。コロナ後の訪日外国人滞在型観光を推進するねらいです。

広島国際空港を拠点に 中国地方の滞在型観光推進へ

広島国際空港は山陰地方へのインバウンド誘客に取り組んでいる「山陰インバウンド機構」とパートナーシップ協定を締結しました。

コロナ前のインバウンド客の旅行先は原爆ドームや厳島神社が多く、日帰りが中心だったということです。両者はこの協定で、広島空港を拠点にした旅行商品を拡充するなど、中国地方全体への周遊を狙っています。

空港で協定書に署名した広島空港の中村康浩社長は航空会社との接点を生かし、山陰・瀬戸内の魅力を世界に発信したい」とコメント。山陰インバウンド機構の福井善朗代表理事は「コロナ後に日本に来たいという外国人は多い。来たる時に備え、中国地方に迎え入れる準備をしっかり行いたい」としています。

山陰インバウンド機構は、インバウンド向け「観光MaaS」の実現を目指しており、グローバルサイトでも山陰地方の魅力を積極的に伝えています。

地方各地でインバウンド誘客推進の流れが進んでいます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!