日台のDMOが初の姉妹協定締結 両地域で観光促進へ

地域連携DMOであるインアウトバウンド仙台・松島は9月24日、台湾のDMOである雲嘉南浜観光圏と姉妹協定を締結しました。

日本と台湾のDMOが提携するのはこれが初めてです。

少子高齢化による地場産業の担い手不足への対策 継続的な人材交流も視野に

仙台市や松島町をはじめとした6市3町(宮城県 仙台市、塩竈市、名取市、多賀城市、岩沼市、東松島市、松島町、七ヶ浜町、利府町)の観光地域づくりを行なっているインアウトバウンド仙台・松島は台湾のDMO法人である雲嘉南浜観光圏と姉妹協定を締結しました。

同観光圏は台湾南部の雲林県、嘉義県、台南市の沿岸8行政区を管轄しています。台南市と仙台市は以前から姉妹都市の関係にあり、宮城県にとって台湾は最大のインバウンド市場です。一方台湾は日本にならい、DMOによる観光地域づくりを推進しています。

インアウトバウンド仙台・松島の工藤雅教マーケティング事業執行役員は「地域課題への取り組みを相互に学ぶなど、少人数で実施でき、継続的な人材交流にもつながる形から始めたい」とコメント。

特に松島エリアなどでは少子高齢化が進み、特に東日本大震災直後は主要産業である水産業の担い手不足が深刻になっています。インアウトバウンド仙台・松島は観光を通じ地場産業の魅力向上にも努めてきました。台湾との提携は地域問題解決にも活用していく方針です。

台湾は2019年の地方創生元年を機に台湾版DMOの推進に取り組み始めました。同観光圏は2021年から活動を開始しています。日本のDMOとの連携は、台湾にとっても意義のある先駆的事例となると考えられます。

水産業を主要産業としていることや、製塩文化など共通項が多い両地域。情報と物産の交流、観光プロモーションなどの協力を通じて相互送客を活発化させていくことが期待されます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!