「ワクチンパスポートへ個人データ提供する」93%に達する 米国9074名の調査にて

アマデウス社による旅行に対する意識調査にて、93%が「ワクチンパスポートへ個人データを提供する」と答えたことがわかりました。

前年度にも本調査が行われたときに91%であったことから、有効な目的のためならば個人データの共有を容認する層がわずかに増えていることがわかります。

各国の旅行規制が複雑でわかりづらいという意見や、個人の健康データを共有することに賛成かどうかなど、新型コロナウイルス感染症を予防するワクチンが普及しつつある、現在ならではの結果が出ています。

アマデウス社による今後の旅行に関する意識調査

フランス、ドイツ、インド、スペイン、ロシア、シンガポール、UAE、英国、米国の9,074人を対象とした本調査では、前回行われた2020年9月、2021年2月に続くものでした。

調査によると、前提として多くの対象者が旅行への意欲が強いことがわかりました。しかし、35%の旅行者が、旅行における規制やガイドラインが複雑でわかりづらいとしており、より明確に改善することが望まれています。

個人の健康データを共有することへの受容性に対しては、93%の旅行者が個人データの効果的な使用のための提出を容認しており、前年度の調査での91%をわずかに上回っています。また、約50%のビジネスを目的とした旅行者とレジャー旅行者の36%が、データを提出することを容認しているとのことです。

加えて、今後1年間での旅行の利便性やモチベーションを高めることになると期待されているテクノロジーは何かと問う調査も行われました。3つの調査全てで、モバイルアプリケーションと非接触テクノロジーが首位を占める結果になりました。

また、回答者の約半数が、環境に優しい交通手段を選ぶとしており、44%がサステナブルな旅行をもっと安価にするべきだと答えました。また、41%が、旅行会社は環境問題に取り組む政策の透明性を強くするべきだと回答しました。

さまざまな回答の結果、アマデウス社は、旅行会社は旅行環境の変化に合わせた対応が求められると指摘しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

hospitality net:77% of travelers want to travel in the next year, with Europe reigning as top destination, according to new traveler research commissioned by Amadeus

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!