タイ航空、11月から日本便など全36便で国際線の運行再開へ 

タイ国際航空は10月14日、2021年11月から2022年3月までの冬季運行スケジュールを発表しました。

発表によると、11月から1月にかけて、成田、大阪、名古屋へのルートを含む全36便の国際線が再開する見通しです。

なお成田、大阪、名古屋は11月から、羽田空港は来年の1月から運航が再開する見通しです。

同社は、「タイへの海外からの訪問者を歓迎するという政府の方針を支持し、国際線での空の旅の需要の高まりに応える」としています。

タイ国際航空、国際便の運航再開へ

タイ国際航空は、11月から全36便において国際線を再開させると発表しました。

外国人観光客を隔離なしで受け入れるプーケットサンドボックスを支援するため、ヨーロッパの国々を対象に7便が運航する見通しです。

このほか、ヨーロッパおよびオセアニアで計10便、アジアで計19便が来年1月までに運行を再開すると発表されました。

日本からは、成田、大阪、名古屋で11月から週4便、羽田で来年1月から3便が運航を再開します。

タイ国際航空はこの決定に関し、「国の経済と旅行および観光産業の復活を目指す国のフラッグキャリア」として、コロナ対策を万全にしたうえで迎えると強調しました。

日本からタイへの入国に関して、外務省によると10月15日現在日本の「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書」、ワクチンパスポートが利用可能です。

タイ人の日本への入国についてもワクチン証明書が利用できるようになっており、相互に隔離期間が短縮されるような仕組みづくりができています。

国際便の再開により、往来が加速することが期待されます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
タイ国際航空:THAI Announces its Winter Flight Schedule 2021- 2022
外務省:海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧
外務省:海外から日本への入国に際し有効と認めるワクチン接種証明書について

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!