タイ、11月から入国隔離免除 日本を含む46ヵ国・地域対象

タイ政府は2021年11月1日から実施するワクチン接種を完了した海外旅行者の受け入れについて、対象国と要件を明らかにしました。

今回承認されたのは日本を含む46ヵ国・地域です。

入国隔離免除の要件

タイ政府は2021年11月1日からワクチン接種などを条件に入国時の隔離措置を免除することを発表しました。その対象国と要件が発表されました。

承認されたのは46ヵ国・地域で、日本のほか、アメリカや中国、韓国などが含まれます。ワクチン接種完了日から少なくとも14日が経過していて承認国に21日以上滞在している場合は、タイ入国後の隔離は免除されます。

ただし、入国時に出発72時間以内のPCR検査による陰性証明の提示が求められます。承認国以外から承認国を経由して入国する場合は対象外です。

入国にあたっては入国許可書(COE)をオンラインで申請し、承認されることが必要です。また約5万ドル(約57万円)以上の海外旅行保険に入ることも義務付けられます。到着後のPCR検査代および抗原テストキット(ATK)の費用を前払いします。

さらにタイ入国時に行うPCR検査の結果が出るまで待機するホテルの支払い証明書も必要になります。

PCR検査結果が陰性なら、タイ国内を自由に旅行可能になります。ただし、滞在6日または7日目に抗原検査キット(ATK)などを用いて自己検査を実施、事前にインストールしたアプリで検査結果で報告することが義務付けられています。

滞在中に新型コロナの症状が現れた際にも即時に自己検査し、同アプリに記録、宿泊施設に通知します。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!