コロナ前、なぜ中国人は日本旅行に熱中したのか?中国メディアが語る

中国のポータルサイト・新浪に22日、新型コロナウイルスの感染が拡大する前に多くの中国人が日本に旅行で訪れた理由について紹介する記事が掲載されました。

中国では急速な経済成長によって中国人の生活水準が向上したことで海外旅行ブームが起きました。

同時期に日本が「観光立国」政策を推し始め、中国人観光客の訪日ビザの発給条件や手続きを緩和・簡易化したことで中国人が日本に訪れやすくなっています。

日本人のモラルや治安が良い

まず、日本人のモラルの高さ、街の清潔さや落ち着きについて称賛しました。

日本人は観光客を含めた他人に対して礼儀正しくにこやかにお辞儀をする姿が印象的ということです。日本人のコミュニケーションでは節々に相手へのリスペクトが感じられ、特に観光地やショッピングでは「神様」になったかのようなサービスやもてなしを得ることが出来ると述べました。

治安の面では、観光する上で安全であり、観光先の土産や食べ物はぼったくり価格ではないことを指摘しました。

日本料理やアニメなどの文化がある

また、日本料理が多くの中国人から歓迎されたことも紹介していました。

刺身や寿司、天ぷらなど代表される日本の食べ物は衛生的であり味や栄養面でも優れているとしました。

他にも日本の漫画やアニメが80年代90年代生まれの中国人に大きな影響を与えてきたことも日本を訪れる動機になったとの見方を示し、秋葉原を訪れフィギュアを買って帰る中国の若者も少なくなかったと分析しています。

日本の歴史に親近感を覚える

最後に記事は、日本と中国が隣国であり、古代の中国文化が日本に大きな影響を与えてきたことを言及しました。

日本の街には漢字が溢れており中国人として親近感を覚えるそうです。また、京都や奈良などの日本の古都には現代の中国ですでに失われた古代中国の面影があり、古代中国の雰囲気を求めて日本を訪れる観光客も多かったと伝えています。

インバウンド対策にお困りですか?

「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!