東京都、「ワクチンパスポート」テスト運用開始 提示で割引なども

東京都で、1日から新型コロナワクチンの接種証明として利用できる「TOKYOワクションアプリ」の運用が始まりました。

5人以上でテーブルを使用する場合などに提示を求めます。割引などの特典も用意する予定で、東京版のワクチンパスポートにもなり、政府が年内に導入を目指しているワクチンパスポートのテストとしても期待されています。

LINEで登録、画面提示で割引やプレゼントなど特典も

「TOKYOワクションアプリ」は無料通信アプリであるLINEの公式アカウントから登録できます。

運転免許証などの本人確認書類と接種の証明ができる書類の画像を送ります。その後事務局の確認を経て、「登録済み」と書かれた画面が表示され、接種証明として利用できます。

TOKYOワクション 公式サイト
▲TOKYOワクション:公式サイト

「TOKYOワクションアプリ」による接種証明は、1つのテーブルを5人以上で使う際や、接種証明を用いて割引などの特典を受ける際にも使用でき、画面の提示で特典が受けられる店舗については「TOKYOワクション」と書かれたステッカーを掲示しています。

当面は都民だけが対象ですが、今月中には通勤・通学する都外在住者も利用できるよう整備を進めています。

行動制限の緩和よりもワクチン接種促進を主な目的としており、政府が今後発行予定のワクチンパスポートとは若干目的が異なりますが、内閣府と都はこれについて連絡を取り合っており、政府はこの事例を有効に活用しワクチンパスポートのスムーズな導入につなげたい考えです。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参考>
・TOKYOワクション:公式サイト

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!