ANA、国際線のPCR検査サービス拡大へ

ANAは11月12日より、多言語対応PCR検査・陰性証明書をセットで提供するサービスの拡大を発表しました。

三田国際ビルクリニック、Tケアクリニックと連携し最大170以上の国と地域の指定様式に沿った証明書の発行が可能となります。

来院・宅配どちらでも検査することが可能でいずれの検査もANA国際線航空券購入者を対象としています。

多言語対応PCR検査・陰性証明書

様々な国や地域への入国時に、各国のルールに基づいた陰性証明書の提示が必要になるケースが増加しています。

ANAはANA WEB サイトにて10月8日からPCR検査・陰性証明書の発行を行なっていましたが、11月12日より、日本語のみならず、英語や中国語、韓国、ベトナム、スペイン、フランス語といった多言語対応検査及びに、150以上の国の指定様式に沿った陰性証明書の発行が可能となるサービスを開始しました。

ANAは「国籍を問わず、すべての人々がスムーズに外国へ渡航できるように、今後もサービスの拡充に努める」としています。

日本から海外渡航時のPCR検査サービス一覧

下記の表は各クリニックにおけるPCR検査サービス一覧です。

日本から海外に渡航する際のPCR検査サービス一覧 ANA
▲日本から海外に渡航する際のPCR検査サービス一覧:ANA

料金に関しては、三田国際ビルクリニック来院検査が33,000円で陰性証明書発行が5,500円。Tケアクリニック来院検査が22,000円となっており、陰性証明書発行代も含まれています。

宅配検査は15,480円で陰性証明書発行代も含まれており、11月12日から新たに拡大したサービスの中では最安値となっています。

最大170ヶ国の様式に対応した陰性証明書の発行が可能となり、最短当日に陰性証明書を受け取りことができます。いずれのサービスもPCR検査と陰性証明書の発行はセットとなっており、ANA国際線航空券購入者が対象となっております。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
ANA:プレスリリース

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!