世界旅行ツーリズム協議会、新たにロードマップを策定 2050年までに旅行観光分野の排出量ゼロへ

世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)は、国連環境計画(UNEP)、気候変動枠組条約(UNFCCC)とアクセンチュアとの協力により、二酸化炭素排出量ゼロに向けての新たにロードマップを作成しました。

このロードマップは、2050年までに旅行観光分野にける排出量ゼロを目指す方法を示したものであり、観光業界の本格的な環境保護への対策が発令されました。

WTTCジュリア・シンプソン氏「民間と公共の協力が必要」

旅行観光分野の温室効果ガス排出量は全体の8〜10%と推定されています。この分野における温室効果ガス排出量を下げることは十分に環境保護に貢献できると考えられます。

WTTCのジュリア・シンプソン社長兼CEOは、「世界の多くの観光地は、海面上昇、森林伐採、動植物の絶滅などの気候変動の影響を受けています。パリ協定を達成させ、世界的な気温上昇を防ぐために、民間と公共が協力することが重要です。」とコメントしました。

発表されたロードマップでは、排出量削減の難しさに応じ、旅行観光分野を3つにグループ化しており、それぞれ脱炭素化に向けた新しい枠組みを提示しています。

また、旅行業界を宿泊、ツアーオペレーター、航空、クルーズ、OTAやメタサーチなどの仲介業に分類し、それぞれ脱炭素化に向けた行動指針も公開しました。

▲A Net Zero Roadmap for Travel & Tourism
▲A Net Zero Roadmap for Travel & Tourism

ロードマップの内容

ロードマップでは以下の5箇条が掲げられました。

  • Set (the right) baselines and emission targets now to achieve individual and 2030 & 2050 sector goals. (直ちに目標達成に向けた基準値と最終な排出量を設定すること)
  • Monitor and report progress. (進捗状況を定期的に監視および報告すること)
  • Collaborate within and across industries. (業界内および政府との協力関係を構築すること}
  • Provide finance and investment required for the transition. (排出量削減に向けて必要な資金を調達すること)
  • Raise awareness and build capacities on climate. (気候変動に対する知識と意識を高めていくこと)

ここから先、より具体性を伴った話し合いが期待されます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

WTTC:A Net Zero Roadmap for Travel & Tourism (PDF)

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!