宣言解除後のホテル検索数「4割増」1位は東京 Hotels.comの調査で

宿泊予約サービスを提供し世界最大のOTAの子会社である「Hotels.com」によると、緊急事態宣言解除後のホテル検索数が宣言発令中と比較し、約4割の増加に転じていることが明らかになりました。

旅行需要の増加に合わせてHotels.comでは、2021年11月29日まで「ブラックフライデーキャンペーン」を開催します。

検索順位1位は東京、キャンペーン中は会員特典も

Hotels.comによると緊急事態宣言後のホテル検索数のうち、特に人気の高い国内の目的地は以下の通りとなっています。(Hotels.comプレスリリースより引用)

1位:東京
2位:大阪
3位:沖縄
4位:京都
5位:名古屋

検索数にも顕著に表れた旅行需要の高まりからHotels.comでは、「ブラックフライデーキャンペーン」を開催します。

同キャンペーンでは、Hotels.comの会員限定で宿泊施設が30%以上割引、また、11月23日からの一週間は前述した割引に加え、リワードスタンプが2倍となる特典が用意されています。

日本では2016年ごろから開始されたブラックフライデーキャンペーンですが、本キャンペーンの開催でコロナ禍で打撃を受けた観光業の再興に向け、さらなる旅行需要の高まりが期待されます。

関連記事
【独自】ワクチン報道が契機か、欧州の訪日旅行検索が23%増加「お花見シーズン」への関心依然として高く
中国ダブルイレブン終了→明日22日は「ブラックフライデー」:世界の消費トレンドはEC・エシカル・理性…インバウンド富裕層をつかむヒント

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
Hotels.com:プレスリリース

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!