オミクロン株、国内初確認 ナミビアからの帰国男性が感染

ナミビアから成田空港に到着した男性から、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染が確認されました。

国内での感染確認は初となります。

ナミビアから帰国の男性が感染、同行者は陰性

毎日新聞によると、ナミビアから帰国した男性は11月28日の夕方に成田空港に到着後、空港内の検疫で新型コロナウイルスの陽性が確認されました。

国立感染症研究所によるゲノム解析の結果、新たな変異株「オミクロン株」であることが判明しました。

発熱症状のある当該男性は現在、検疫所が設けた施設で療養しているということです。

国内でオミクロン株が確認されたのは初となります。

関連記事
新たな変異株「オミクロン」、世界各地で感染確認 日本は警戒レベル「最大」に
「オミクロン株」受け渡航制限の厳格化 各国で相次ぐ

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!