【無料セミナー】「訪日フィリピン市場」の知られざるポテンシャル コロナ明けのインバウンド対策を解説

皆様は「訪日フィリピン市場」についてどれくらいご存知でしょうか?

フィリピンからの来訪者は2019年、東南アジアでタイに次いで2番目に多く、国別の旅行消費単価は同地域でタイ、シンガポールに次ぐ第3位でした。※1人一回あたりの旅行消費単価は東南アジアで第4位。

親日で英語を公用語とするフィリピンへのアプローチは比較的容易にも関わらず、日本のインバウンド業界ではなかなか知られていないのが実情です。

本セミナーはそんな訪日フィリピン市場の持つポテンシャルについて、同国専門の訪日インバウンド事業者である株式会社エス・エム・エイ・シー 代表取締役社長の松浦篤志氏が紹介します。

関連記事

「訪日フィリピン市場」から目を背けてはならない理由 知られざるポテンシャルについて

「訪日フィリピン市場」の知られざるポテンシャル セミナー概要

▲無料セミナー「訪日フィリピン市場」
▲無料セミナー「訪日フィリピン市場」

およそ一時間を要するオンラインセミナーは以下についてお話します。

この機会にフィリピン市場について少しでも多くの情報を得ていただき、コロナ明けの誘客に結びつけていただきたいと思います。

  • 日本と近いフィリピンの基礎知識
  • アジアのアメリカ/ラテンと称されている理由とその影響
  • 世界的なSNS大国であるという事実
  • フィリピンで盛んなスポーツと意外な国技
  • 友好的でとても距離が近い、フィリピン人の特徴
  • 日本に定住しているフィリピン人が多いこと
  • 実はあの人も!フィリピンとつながりのある著名人
  • 訪日前の情報源はほぼ口コミに頼る傾向
  • 今や年間60万人!訪日フィリピン人の推移
  • フィリピン人の意外に高い親日度
  • 旅行消費額は東南アジアでタイとシンガポールに次いで第3位

【開催日時】
12月 9日(木)15:30
12月14日(火)14:30
12月21日(火)15:30
※すべて日本時間

他の日時をご希望の場合は、一名様からでも随時受け付けております。ご都合の良い日時を3つまでお送りください。

【開催場所】

Microsoft Teams を利用します。

個別開催の場合はご希望のオンライン会議ツールを利用可能できます。

時間は1時間強を予定していますので、有償のアカウントが必要になる場合があります。

【対象】

全国の自治体を含む観光関連機関ならびに観光関連事業社。

【参加費】

無料

プレゼンター:松浦篤志 「NIPPON DISCOVERY」総責任者

松浦篤志

株式会社エス・エム・エイ・シー 代表取締役社長

訪日インバウンド事業「NIPPON DISCOVERY」総責任者

※NIPPON DISCOVERYは株式会社エス・エム・エイ・シーの訪日インバウンド事業部の名称であり、フィリピン知的財産庁に登録されている同社の登録商標です。

1968年長野県塩尻市生まれ。3才の時に家族でフィリピンに移住。上智大学外国語学部英語学科中退。1991年にフィリピンで初めて起業して以来、フィリピンと日本の架け橋となるべく様々な事業に携わる。

プロのミュージシャンとしても現地で精通し、1989年には現地で有名なビールのCMソングの演奏とCM出演を果たす。2001年に行った全米7都市ツアーの途中ではニューヨークの同時多発テロに遭遇する。

2014年に訪日インバウンド事業を立ち上げ、主にフィリピン市場を紹介する活動を行っている。現在はJTBフィリピンの外部取締役も務め、フィリピン、マニラ首都圏、マカティ市に在住。

お申し込み方法・このセミナーのお問い合わせ先

お申込みは以下の情報を inbound@smacph.com までお送りください。

  • お名前
  • 所属先(会社/部署など)
  • 電子メールアドレス
  • ご希望の日時

申込みをお送りいただいてから24時間以内にご参加の確認とオンライン会議用のリンクをお送りいたします。

メールが届かなかった場合には大変ご面倒をおかけいたしますが、宛先(inbound@smacph.com)を再確認いただいた上で再送いただきますよう、お願いいたします。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!