香港、中国本土へ検疫なしで旅行者受け入れ再開 12月初旬から

香港からの旅行者は、12月の第1週から中国本土へ検疫を受けずに入国できるようになります。

ただし、受け入れ人数については数百人程度と厳しく制限するとのことです。

日本からの入国情報

中国本土、マカオからは香港住民、非香港住民ともにワクチン完全接種者であるか否かを問わず入境できます。

香港政府によると、「ワクチン完全接種者」とは、定められた回数のワクチン接種を終え、かつ最終接種日から14日間経過した方を指します。

オミクロン株、検出国からの到着制限

現在流行しているオミクロン株について政府は12月3日、アイスランドとシンガポールを12月6日からグループA特定地に指定し、21日以内に滞在した香港人以外の者は香港への入国を認めないと発表しました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!