フィジー、観光客受け入れ再開 約2年ぶりに

フィジーでは、新型コロナウイルスの流行により閉鎖していた国際観光を約2年ぶりに再開しました。

12月1日朝よりフィジーでは、ワクチンを接種した旅行者が検疫を受けずに旅行できるようになりました。

フィジー政府観光局のブレント・ヒル局長は、「国内外の観光が再開されたのは、フィジーが公共の安全、安全でスムーズな旅行、そして有名なブラ・スピリットを大切にしてきたおかげです。」とコメントしています。

ワクチンの完全接種、トラベルパートナー国からの渡航が条件

旅行者が安全を確保しながら安心して旅行できるように、いくつかの旅行条件が設けられています。

  • 完全な予防接種を受けていること。(18歳未満の子供は、予防接種を受けた大人と一緒に渡航することが可能です。)
  • 指定されたトラベルパートナー国からの渡航者であること。
  • 12歳以上の渡航者は、搭乗72時間前のPCRテストが陰性であること。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>:フィジー公式サイト

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!