JAL×テンセント業務提携 コロナ後のインバウンド需要回復目指して

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

中国の大手テクノロジー企業、Tencent(テンセント)のクラウド事業部門であるテンセントクラウドは、日本航空株式会社(以下、JAL)と業務提携し、アフターコロナインバウンド需要の回復を目指すことを発表しました。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

未来の「人を中心とした」交通システムの構築

新型コロナウイルスが流行する前の2019年、日本のインバウンド市場において、中国人の訪日旅行者数は過去最高の959万人に達しました。

2020年以降は、新型コロナウイルスの影響が大きく、旅行者数は過去最高レベルまで減少し続けています。

しかし、その間も中国人旅行者にとって日本旅行の魅力は失われておらず、日本は今後も人気の高い旅行先であることに変わりはありません。

そのため、JALは今後回復・成長が見込まれる日本への観光事業を強化するため、テンセントクラウドが提供する「スマート交通ソリューション(We Transport)」の採用を決定しました。

テンセントクラウドとは?

テンセントクラウドは、業界をリードするクラウド製品とサービスを世界中の組織や企業に提供しています。

テンセントは、世界中にあるデータセンターインフラ(インフラストラクチャー)を活用し、金融、教育、ヘルスケア、小売、産業、運輸、エネルギー、ラジオ・テレビなどの幅広い業界に向けて、「スマートエンタープライズ」をキーワードに、先進技術を統合した包括的な解決策を提供しています。

それは、テンセントクラウドが幅広い業界をサポートしていることを意味します。

その中でも、テンセントクラウドのスマート交通ソリューションは、建設、管理、運用、サービスの4つの具体的な側面に焦点を当て、未来の「人を中心とした」交通システムの構築を目指しています。

中国でJALの存在感を高める

今回の業務提携により、月間アクティブユーザー数が12億6,000万人を超える「WeChat」のミニプログラムを通じて、航空券の販売や予約、決済、フライト情報の検索などを直接行うことができるようになります。

また、ソーシャル広告やWeChat公式アカウントなど、テンセントクラウドの「スマート交通ソリューション」を活用することで、日本に関心のある旅行者のニーズに合わせた効果的なプロモーション活動を最大化し、中国の観光市場におけるJALの存在感をさらに高めることが期待されます。

テンセントクラウド 先進的なインフラを提供

テンセントクラウドのインターナショナルシニア・バイス・プレジデントであるPoshu Yeung氏は、「テンセントクラウドは、安全で高性能なパブリッククラウドサービスプロバイダーとして、観光、小売、エンターテインメント業界をサポートする先進的なインフラ(インフラストラクチャー)を提供することをお約束します。」と述べています。

今回の提携により、中国の消費者に関する専門知識とこれまでの実績を活かし、最先端の技術と包括的なサービスを提供することで、より多くの中国の観光客の方々にJALの高品質なサービスの体験を促す方針です。

JALの高いサービス品質・安心安全・サステナビリティ

テンセントとの業務提携で注目されているJALは、APEX(Airline Passenger Experience Association)が主催する2021 APEX EXPOにて、サービス品質、安全・安心への取り組み、サステナビリティに関する取り組みの総合評価で世界最高水準と評価されました。

その結果、本邦航空会社として初めて「WORLD CLASS(世界クラス)」に認定されたと明らかになりました。

APEXは、北米を拠点にする世界最大のエアライン業界団体の一つで世界の航空会社、空港、エアライン関連サプライヤーなどが参加する非営利団体です。

「WORLD CLASS」は、今後ポストコロナ時代に航空会社へ求められる最も重要な価値を「高いサービス品質」、「安全・安心」、「サステナビリティ」と定め、世界トップレベルの評価を認定する アワードとして今年新設されました。

「APEX FIVE STAR」(APEXが世界中の航空ユーザーを対象に投票を行い、優れた商品・サービスを提供するエアラインが「APEX FIVE STAR」)に認定された航空会社を対象として、航空業界専門の監査会社「Yates+ Partners(イェイツ アンド パートナーズ)」が厳格な監査を行い、その結果をもとに選定されます。

WORLDCLASS認定 7社

今回「WORLD CLASS」には、JALを含む世界で7社のみが認定されました。

認定された7社は以下の通りです。

  • JAL
  • エミレーツ航空
  • KLMオランダ航空
  • カタール航空
  • サウディア
  • シンガポール航空
  • トルコ航空

    インバウンド対策にお困りですか?
    「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
    訪日ラボに相談してみる

<参照>
JAL公式サイト:JAL
航空業界専門の監査会社:Yates+ Partners
PR TIMES:テンセントクラウド、日本航空と業務提携。コロナ後のインバウンド需要を見据えてJALミニプログラムを活用

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに