北京五輪開会式、大幅縮小へ 総監督が発表

2月4日に行われる北京オリンピックの開会式の演出総監督であるチャン・イーモウ氏は、今回の式を2008年夏に同氏が演出を手がけた当時の北京五輪と比較して、規模を大幅に縮小することを発表しました。

開会式の規模縮小、出演者数は08年の5分の1に

北京にある国家スタジアム、通称「鳥の巣」で行われる北京オリンピックの開会式では、2008年の開会式の1万5,000人から大幅縮小して3,000人程度にするとのことです。

また、時間は半分以下の1時間40分以内に短縮することを明らかにしました。

規模縮小の背景、コロナの感染対策と寒さに

開会式の規模縮小理由についてチャン監督は、新型コロナウイルスの感染対策と寒さを考慮したとしています。

現在中国では新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の市中感染の例が複数報告されています。

中国政府による公式発表のデータによれば感染拡大はみられないものの、北京五輪を目前にした今、感染拡大抑止へ一層緊張感を高めています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!