今月下旬のGoTo再開に懸念の声 斉藤国交相「具体的な時期言えない」

1月7日、閣議後記者会見で斉藤鉄夫国土交通相は、全国停止中の観光支援事業「GoToトラベル」について「具体的な再開時期を申し上げる時期ではない」と述べ、1月下旬の再開を事実上見送る考えを示しました。 

再開は感染状況が落ち着いていることが大前提

斉藤氏は「(新型コロナウイルスの)感染拡大が急速に進むことを想定すべき状況にある」と指摘しました。

また、「トラベル事業の再開は感染状況が落ち着いていることが大前提だ」と述べました。

政府は年末年始の感染状況が落ち着いていれば1月末の再開を検討していましたが、感染拡大を考慮している状況です。

航空業界からも「先送り懸念の声」

一方1月5日には、経団連など経済3団体が2年ぶりに新年祝賀会を開催し、航空業界から新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の影響について話し合いが行われました。

その中で、政府の観光支援事業「GoToトラベル」の再開が先送りされるのではないかと懸念の声が聞かれました。

日本航空の赤坂祐二社長は記者団に、再開時期は「遅くても3月上旬」と述べ、政府が検討する1月末から遅れる可能性があるとの認識を示しました。

「再開は早ければ早いほど(良い)と我々は希望をしているが、やはりオミクロンが誤算だった」と顔を曇らせました。

関連記事

GoTo再開「来年1月末」から 木原副長官

「GoTo」再開見送り、2月以降にずれ込む見通し 首相会見

インバウンド対策にお困りですか?

「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!