WHO事務局長「オミクロン株を軽く考えてはならない」と警告

WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は「オミクロン株を軽く考えてはならない」と訴えました。

オミクロン株「軽い感染症ではない」

テドロス事務局長は、1月6日(現地時間)にオンラインによる会見で「先週には、最も多い新型コロナの感染者数が報告された」と発表しました。

また、「新型コロナウイルス感染症のオミクロン株はデルタ株より深刻な症状ではないようにみえるが、そうだとしても軽く考えてはならない」と語りました。

全世界の新型コロナ新規感染者は952万

WHOの週間報告書によると、先月27日から今月2日までに報告された全世界の新型コロナ新規感染者は952万488人で、前週対比で71%増加しました。

ただ新たな死者数は4万1178人で、前週よりも10%減少したという結果です。

テドロス事務局長は「オミクロン株は、これまでの変異株のように人々を入院させ生命を奪っている」とした上で、「全世界の保健システムを圧倒している」と懸念しました。

また、「これまでのワクチンが全ての感染と拡散を防ぐことができないとしても、新型コロナによる入院と死亡を減らすことにおいては依然として非常に効果的だ」として、ワクチンの公平な分配を改めて強調しました。

WHO事務局長、ワクチン不平等が昨年の失敗と主張

テドロス事務局長は「現在のような速度ならば、今年の中盤までには全ての国の70%が新型コロナワクチンを接種するよう提示したWHOの目標を、109か国が達成できない恐れがある」と警告しました。

続けて「全般的なワクチン不平等が、昨年の最も大きな失敗だった」としパンデミック収束には、「科学が贈ってくれた非常に効果的な手段を公平かつ速やかに共有しなければならない」と訴えました。

さらに「ワクチン接種だけでなく、マスク着用とソーシャルディスタンス・混雑な場所の回避・換気のような基本的守則を順守してほしい」と求めました。

オミクロン株、デルタ株より重症化する恐れ「低い」

一方、WHO臨床管理チーム長はこの日の会見で「研究者たちによると、オミクロン株に感染した患者が入院したり症状が重症化する恐れは、デルタ株よりは比較的高くないものとみられる」と伝えました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

WHO(世界保健機関):公式サイト

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!