【速報】1都12県への「まん延防止措置」適用へ 岸田首相表明 あす正式決定

東京など首都圏を含む1都12県に対し、岸田首相は「まん延防止等重点措置」を1月21日から2月13日までの3週間程度の期間、適用する方針を表明しました。

適応期間、1月21日から2月13日までの3週間程

岸田首相が重点措置の適用を表明したのは、「東京、埼玉、千葉、神奈川、群馬、新潟、岐阜、愛知、三重、香川、長崎、熊本、宮崎」の1都12県です。

18日、関係閣僚と協議して政府の方針を固めた上で、19日に専門家の意見を聞いた上で正式に決定される見通しです。

期間は、今月21日から来月13日までの3週間程度となる予定です。

関連記事:都内の新規感染者数3,124人 前日より1,000人増 病床使用率50%で宣言再発令も

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!