ANAグループ、座席供給量をコロナ禍前と同水準へ 2022年度航空輸送事業計画

全日本空輸(ANA)グループは1月18日、2022年度の事業計画を策定したと発表しました。

初めてピーチ・アビエーションと共同で事業計画を策定し、コロナ後の需要回復を最大限取り込み、グループ全体の収益最大化を目指すとしています。

ANAグループ、2022年度航空輸送事業計画策定

ANAとピーチ・アビエーションは、初めて共同でANAグループ航空輸送事業計画を策定し、1月18日に発表しました。

国内線では、回復が想定される旅客需要を最大限取り込み、グループ全体での収益最大化を図るとしています。

ピーチを含むグループ全体で、座席供給量をコロナ禍前と同水準の、2020年度期初計画並みまで戻します。

またANAは、機材の大型化や国際線機材の活用により需要獲得を狙い、減便路線はあるものの運休路線はありません。

伊丹/松山、関西/宮古、中部/札幌、仙台、松山、宮崎、那覇、福岡/那覇、仙台/札幌の各路線で増便を計画しており、ゴールデンウィークや夏休み期間にも、北海道と沖縄を中心として季節運航を実施する予定です。

国際線では、各国の出入国規制や需要トレンドの変化を見極め、柔軟で機動的な供給調整を行うとしています。

ANAは羽田発着の北米路線を成田に切り替え、アジア~北米間の乗り継ぎ需要を強化します。

ピーチは訪日外国人を中心とした需要の段階的な回復を見込んで、運休路線の運航再開を計画しています。

さらに貨物事業では、貨物専用機の最大活用と旅客機活用による、貨物専用便の積極的な運航を通じて増収を図るとしています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

ANA:2022年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!