中国に「ハローキティホテル」誕生へ 海南省に2025年オープン予定

アメリカのハイアット・ホテルズ・コーポレーションは、中国・海南省にハローキティホテルを開業する予定であることを発表しました。

三亜ハローキティリゾートの一部として、2025年までにオープンする予定です。

中国初の「ハローキティホテル」海南省の象徴へ

ハイアット・ホテルズ・コーポレーションは1月13日、中国初となる「ハローキティホテル」を海南省三亜市のハローキティリゾート内に建設すると明らかにしました。

同グループと香港のキーストーングループによる共同開発で、ハイアットグループのJdV byHyattブランドのホテルとして運営予定ということです。

ホテルは、ハローキティのデザインやその他サンリオキャラクターで飾られた221の客室、レストランとバー、スイミングプールなどを備えており、あらゆる年齢のサンリオファンに「革新的なデザインとテクノロジーによる魅力的な体験」をアピールするとしています。

キーストーングループの最高経営責任者であるJefferyPun氏は、「ホテルと三亜ハローキティリゾートは海南省の観光スポットのシンボルになる」と述べており、旅行需要の高まりに応えたいとしています。

同ホテルは2025年に開業予定です。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
Hyatt Corporation:Keyestone Group and Hyatt to Collaborate on China’s First Hello Kitty Hotel in Hainan


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!