2021年・欧州の航空部門、コロナ前の56%まで回復 ユーロコントロール発表

欧州航空航法安全機構(ユーロコントロール)は1月1日、コロナ禍の欧州の航空部門について、2021年の実績と2022年の見通しを発表しました。

2021年の欧州の航空部門、コロナ前の56%まで回復 ユーロコントロール発表

欧州の管制調整機関である欧州航空航法安全機構(ユーロコントロール)は1月1日、2021年の実績と2022年の見通しについての要約を示す「Think Paper #15」を発表しました。

ユーロコントロールのデータによれば、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が始まってから約2年経ち、2021年の航空の往来は重要な回復を見せたとしています。

コロナ禍以前の2019年対比で、2021年の1月は36%の水準にとどまったものの、ワクチン接種の普及とEUデジタルCOVID証明書により、夏季にかけて70%まで大きく回復しました。

2021年8月27日には26,773便という2年ぶりの高水準に達し、秋にはホリデーフライトが増加し10月下旬には81%まで回復しました。

またオミクロン株の拡大やそれに伴う規制強化にもかかわらず、12月は78%の回復を維持しました。

最終的に欧州の航空による往来は、2021年全体で2019年対比56%の水準まで回復しました。

ユーロコントロールは、2022年の見通しについて、2022年末までに2019年の70〜90%の水準まで回復すると予測しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

・eurocontrol:EUROCONTROL Think Paper #15 - 2021 COVID-19 impact and 2022 outlook

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!