観光庁、アドベンチャーツーリズム支援事業計画の2次募集採択9件を発表

観光庁は1月18日、公募していた令和3年度の「観光振興事業費補助金(新たなインバウンド層の誘致のためのコンテンツ強化・地域資源磨き上げ事業)間接補助対象事業」について、2次募集分の採択結果を発表しました。

同事業は2021年10月19付で公募され、訪日外国人観光客に向けて日本の観光の魅力を底上げするため、地域資源を生かしたアドベンチャーツーリズムを磨き上げようとするものです。

地域で取り組むアドベンチャーツーリズム推進計画を採択し、建物の改修や設備の購入などの支援が行われます。

関連記事:アドベンチャーツーリズム(AT)とは | 市場規模・日本での可能性・北海道の事例

採択計画・地域について

今回2次募集分として採択された計画・地域は、以下の9件となっています。

  1. 「白鳥大橋主塔登頂クルーズ」の催行率改善事業(北海道室蘭市)
  2. アドベンチャーツアーの造成による、奥日光冬期誘客増大計画(栃木県日光市奥日光)
  3. 霧降高原の観光アクティビティ推進事業(栃木県日光市霧降高原)
  4. 神奈川県県西森林活用マウンテンバイクアドベンチャーツーリズム(神奈川県小田原市ほか)
  5. 昭和42年よりスノーリゾートとして栄えていた妙高における『JAPOW』ブランド磨き上げ事業(新潟県妙高市)
  6. 北アルプスの絶景を臨むノンスキーヤーでも楽しめるスノーアクティビティ造成事業(長野県白馬村ほか)
  7. 新幹線・米原駅とグランピングを活用した米原アドベンチャーツーリズム(滋賀県米原市)
  8. 元気です熊野川。和歌山県の飛び地から出発する瀞峡めぐりツアー(和歌山県新宮市)
  9. 山口市の歴史・自然の癒しを活用した観光コンテンツ高付加価値化計画(山口県山口市)

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

観光庁アドベンチャーツーリズム等の新たなインバウンド層の誘致に向けて~令和3年度 観光振興事業費補助金(新たなインバウンド層の誘致のためのコンテンツ強化・地域資源磨き上げ事業)間接補助対象事業に係る計画を選定しました(2次公募)~

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!