WHO「緊急事態を今年中に終えられる」ワクチン接種率7割などの条件で

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は1月24日、各国がワクチン接種率7割を実現するなどの対策を取れば、「緊急事態を今年中に終えられる」との見解を示しました。

WHO「緊急事態を今年中に終えられる」ワクチン接種率7割などの条件で

世界保健機関(WHO)は、2020年1月に新型コロナウイルス感染拡大を受けて「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。

WHOのテドロス事務局長は、1月24日から始まったWHO執行理事会の冒頭で発言し、各国がワクチン接種率7割を実現するなどの対策を取れば、この緊急事態を「今年中に終えられる」との見解を示しました。

いっぽうでオミクロン株を最後の変異株として捉えないよう訴え、「(コロナ禍が)最終段階に入っていると考えるのは危険だ」とも強調し、今後も新たな変異株が出現する恐れを指摘しました。

また緊急事態が宣言されてから、2022年1月30日で2年が経過するとして、「各国は慎重に、段階的なアプローチでパンデミックの急性期からの脱出を図らなければならない」と述べました。

さらにワクチン接種率をめぐっては、現状では86の加盟国が接種率4割を達成できておらず、また34の加盟国は1割にも達していないと指摘しました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!