「旅行が市民のリスクを高めることはない」IATA、渡航制限の解除を各国に要請

IATA国際航空運送協会)は、新型コロナウイルスがパンデミック(世界的流行)からエンデミック(恒常的に存在している状態)へと移行している状況を受け、渡航制限の緩和をするよう各国政府に要請しました。

WHO承認のワクチンの接種者には、出国前の抗原検査で陰性であれば検疫なしの渡航を可能にし、渡航禁止措置を取り除くよう要請しています。

IATA事務局長「ごく一部の例外を除いて旅行はリスクを増加させない」

新型コロナウイルスをめぐってIATAはワクチンや治療薬をはじめ人類が生活や旅行に必要な手段をもっており、人々の免疫力が高まっていることから、風土病(エンデミック)に移行していくことを示唆しています。

IATAのウィリー・ウォルシュ事務局長は、「今日、オミクロン株は世界のあらゆる場所に存在しているからこそ、少数の例外を除き旅行が一般住民のリスクを高めることはない」

と主張しています。

またワクチンについては、現状、各国でワクチンの有効期限に関する統一がなされておらず、ブースター接種の資格についても各国ごとの施策で管理されているため、旅行の障壁となっていることを指摘しています。

各国際機関でも、渡航制限の撤廃を勧告 英国では大幅緩和

先述したIATAのほか先月19日にはWHO(世界保健機関)が、オミクロン株の確認に伴いう渡航制限は経済的・社会的負担を各国に強いるものだとして、撤廃するか緩和するよう加盟国に勧告しています。

これに対しUNWTOは歓迎の意を示しており、「渡航制限は、海外からの観光客に依存している国々へはむしろ害を及ぼす」と主張しています。

なお、渡航制限についてはイギリスにてワクチン接種済みの入国者を対象に同国到着前後のPCR検査なしでの渡航が2022年2月11日より認められるなど、実際に渡航制限を緩和する動きも各国でみられています。

関連記事:WHO、渡航制限「価値ない」撤廃・緩和を勧告

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
IATAAccelerate Easing of Travel Restrictions
GOV.UK:Coronavirus (COVID‑19)
UNWTO“BLANKET TRAVEL RESTRICTIONS DON’T WORK”: UNWTO ADDS ITS VOICE TO WHO STATEMENT

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」


スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!