欧州委、観光業の「指標の転換」呼びかけ 人数や泊数の「数字」から脱却を

欧州委員会(European Commission、以下EC)は、新たな観光業の指標として、今後は観光業の社会的、環境的、経済的影響に関するデータへと移行するよう呼びかける文書を発表しました。

従来用いていた、旅行者数や宿泊数といった数字ベースの基本的な統計からの脱却が、グリーンおよびデジタルへの移行加速に寄与するとしています。

EC、「グリーンとデジタルへの移行加速」を強調

ECは2月4日、「Transition Pathway for Tourism」を発表しました。57ページにわたる同報告書では、観光業がより確実で競争力の高い産業となるための課題に言及しています。

報告書の中でECは、観光業の将来の道筋としてグリーンとデジタルへの移行を加速する必要があるとしており、そのために観光業に関する指標を数字からデータに移行するよう各国に求めました。

これまでは、観光業の実績を測定するにあたり、旅行者数や宿泊数といった基本的な統計が指標として用いられてきました。今後はこの数字から脱却し、観光業が与える社会的、環境的、経済的影響に関するデータへ移行することとしています。

2030年までに新たな観光統計のためのEUフレームワークを改訂する計画も示しました。

なおこれはデジタル移行とグリーン移行を進める策のうちの1つで、合計では27の分野で対策や変換が必要だと主張しました。

同時に、パンデミックによって窮状に陥った観光業が回復するためには、需要が高まっている「持続可能な観光」によりよく応えられるよう対策していくことが不可欠であると指摘しています。

例えば欧州では「持続可能な観光」の支持率は82%で、こうした潮流に対応するには循環性に投資することが求められるということです。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
European Commission:Transition Pathway for Tourism

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!