大阪市「夢洲へのIR誘致」にインフラ整備272億円計上 新年度予算

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

2月16日、大阪市は2022年度当初予算案を発表し、2025年大阪・関西万博の会場や統合型リゾート(IR)の予定地となる人工島「夢洲」のインフラ整備費に272億円を計上しました。


2025年4月開幕の万博までにインフラ整備する計画

2021年末に判明した土壌対策費などを含め、2029年秋予定のIR開業までに必要となる整備費の総額は1年前の想定から倍の1,929億円に膨らむことも明らかにしました。

市は、2025年4月開幕の万博までに大半のインフラ整備をする計画で進めています。

当初予算案には、大阪メトロ中央線の延伸工事や周辺の人工島をつなぐ橋の拡幅工事など、着工済みのアクセス向上策として155億円を計上しました。

また、道路や上下水道整備など夢洲の域内整備に117億円を盛り込みました。

大阪市は、2021年2月に、IR開業までにかかるインフラ整備費を総額994億円と公表しました。

その後、IR予定地で液状化の恐れや土壌汚染などが判明し、市は土壌対策費788億円の負担を決定したということです。

夢洲工事費に追加129億円 地盤沈下対策など

メトロ延伸工事では、地盤沈下や防爆対策の必要なメタンガスの存在が明らかになり、工事費が129億円増えるなどしました。

また、当初予算案には他に、万博準備などに53億円や市中心部からアクセスの利便性を図る阪神高速「淀川左岸線」の2期工事費に336億円を計上しました。

この結果、市が見込む整備費の総額は約2倍の結果になったようです。

土壌対策費は、将来の支出を確約する債務負担行為を設定しました。

債務負担行為とは、歳出予算の金額、継続費の総額又は繰越明許費の金額に含まれているものを除き、将来にわたる債務を負担する行為を指します。

松井一郎市長は記者会見で、「リターンによって十分投資を回収できるし、市民の新たな財源を確保できる」と主張しています。

関連記事:日本におけるIRの法整備、メリットやデメリットとは

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

大阪市公式サイト:夢洲等まちづくり事業調整会議

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!