韓国 外国人観光客は96万人、コロナ禍前の1.5%水準に 日本人旅行者は1,047人

韓国観光公社が2月15日に発表した統計によると、2021年に韓国を訪れた外国人観光客は、前年の12.8%の水準で、コロナ禍前の2019年の1.5%にとどまりました。

国籍別では米国が最も多く、コロナ禍前には中国に次いで多かった日本は、わずか1,047人でした。

韓国、2021年の外国人観光客は21万人 コロナ禍前の1.5%水準

2月15日の韓国観光公社による発表では、2021年に韓国を訪れた外国人は96万7,000人でした。

このうち観光目的の訪問は21万2,000人で、全体の21.9%となりました。

その他の内訳は事業目的(商用)が2万1,000人、公務目的(公用)が1万9,000人、留学研修が8万人、航空機・船舶乗務員などを含むその他63万5,000人となっています。

なかでも乗務員は約43万4,000人で、外国人観光客の2倍以上となっています。

2021年に韓国を訪れた外国人観光客は、前年の12.8%の水準で、コロナ禍前の2019年のわずか1.5%にとどまりました。

国籍別では米国が最も多い7万人で、フィリピンが3万3,000人、インドネシアが1万6,000人、中国とミャンマーがそれぞれ1万5,000人と続きました。

日本はコロナ禍以前では中国に次いで多かったものの、1,047人にとどまり、台湾は636人だけでした。

コロナ禍以降、中国では韓国団体旅行商品の販売が禁止され、日本は観光客に対する入出国制限措置を続けています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!