入国上限「1万人」に引き上げ 段階的に国際往来を再開させる方針

松野博一官房長官は、1日の記者会見で10日から入国者上限を現在の1日当たり7,000人から1万人に引き上げると発表しました。

今回の緩和措置について、日本人の帰国需要に応え、留学生や技能実習生などの来日を加速させることで段階的に国際往来を再開させるためだとしています。

目下、先週よりも感染者は増加していますが、引き続き出国前検査や陰性証明の確認などの水際対策を実施することによって感染拡大を防いでいく方針です。

入国制限、1日1万人に緩和へ

入国制限については、3月14日から1日当たり7,000人に緩和されていました。今回の措置が履行されると、1か月以内に、再び緩和されることになります。

また、1万人まで緩和したのちも、段階的に人数上限を増やしていきたい考えが示されました。

一方で、観光目的での国際往来再開については特に言及がありませんでした。

国内での観光需要活性化については、1日から「県民割」を「地域ブロック」へ拡大しています。

全国を6つの地域ブロックに分け、ワクチンを原則3回接種済みであれば県境をまたいだ旅行でも割引が受けられる制度となりました。対象期間も4月28日まで拡大しています。

ただしこの枠組みに加わったのは全国15道県にとどまっており、東京や大阪などの大都市は含まれていません。

再開した道県は、北海道、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、群馬、千葉、山梨、佐賀、熊本、大分、宮崎、鹿児島です。

「Go To」キャンペーンの再開についても、明確な時期は示されていない状態です。

観光目的での国際往来再開、及び国内観光業界の活性化については、今後の展望が未だ見通せない状態が続いています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
観光庁県民割支援(地域観光事業支援(需要創出))の 運用変更について

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!