世界の「コロナ耐性」ランキング 首位はノルウェー、日本は?

米国のメディアBloombergより、「Covid Resilience Ranking」の2022年4月版が公表されました。ノルウェーが2カ月連続で首位を獲得しています。

コロナ禍も3年目に入った現在、各国・地域の感染症対策には変化が表れています。Bloombergは、世界ではコロナ対応の二極化が進んでいると言及しました。

「コロナ耐性度」移動制限などの規制緩和が大きく影響か

「Covid Resilience Ranking」は、米メディアBloombergが2020年11月より毎月発表しているもので、世界各国・地域の新型コロナウイルス感染症への対応力を格付けしています。

社会経済への打撃を最小限に抑えながらパンデミックに対処しているかを示しており、医療の質、ワクチン接種率、国内外への移動制限などを指標にスコアを算出しています。

首位は2カ月連続ノルウェー、日本は変動なし

4月27日に発表された最新のランキングでは、ノルウェーが3月に続き1位となりました。コロナ関連の規制が撤廃されたこと、渡航制限が無いことなどが高得点の要因ということです。

またアイルランドとアラブ首長国連邦(UAE)も「パンデミックに最も適切に対応している」と評され、社会・経済の混乱が最小限に留められていることが評価されました。

順位としてはそれぞれ2位、3位で、前月のランキングが入れ替わる形となっています。

53の国・地域のうち、今回最も順位を上げたのはスウェーデン(5位)とシンガポール(9位)で、ともに17位ランクアップしています。旅行制限撤廃が大きく寄与したとされています。

一方でフランスは最も順位を落としており、18位に入りました。前月より13位後退しています。要因としては、オミクロン株の亜種BA.2の流行による感染者数の急増が挙げられました。

なお日本は34位で、前月と同じ順位となりました。

Covid Resilience Ranking
▲Covid Resilience Ranking 2022年4月:Bloomberg「Covid Resilience Ranking」より訪日ラボ編集部作成

コロナ対応めぐり世界が二極化

Bloombergはランキング発表に際して、世界各地でコロナ対応の二極化が顕著になっていると指摘しています。

多くの国・地域で「ウィズコロナ」体制が進み、各種制限も緩和される一方、中国では「ゼロコロナ」体制が依然として継続されており、厳格な規制が敷かれています。

実際に中国国内ではロックダウンが行われ、特に上海などでは市民の生活に支障が出ている現状も報じられています。こうした背景も影響し、中国はランキングでは51位に位置付けられました。

新型コロナウイルスとの共存か封じ込めか、国際社会でもコロナ禍での対応が問われます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
Bloomberg:The Best and Worst Places to Be in a World Divided Over Covid

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!