【インバウンド×デジタルマーケティング】「多言語サイトのSEO対策」資料配布

インバウンド再開が目前に控える中、海外から日本の観光情報を検索する動きも活発化すると考えられます。

このタイミングで、「多言語×SEO対策」について情報収集しておくのはいかがでしょうか。

訪日ラボは、インバウンド×デジタルマーケティング】「多言語コンテンツのSEO対策法」資料を無料にて提供しています。

▲【インバウンド×デジタルマーケティング】多言語サイトのコンテンツSEO対策 〜検索上位に表示される多言語コンテンツの作り方〜
▲【インバウンド×デジタルマーケティング】多言語サイトのコンテンツSEO対策 〜検索上位に表示される多言語コンテンツの作り方〜

  • SEOの基本的な知識をおさらいしたい
  • SEO対策を、インバウンド対策としてやるべきか検討したい
  • 多言語サイトをすでに運営しているが、多言語コンテンツに関するSEO対策についてしりたい

という方は、この機会にぜひご利用ください。

資料をご希望の方はこちら(無料)

本資料の構成

SEO対策とは

  1. SEO対策とはなにか
  2. SEO対策のメリット、活用できるフェーズ

多言語×SEO対策

  1. 国・地域に合わせた「ワーディング」対策が必須
  2. ワーディング対策のやり方

記事・コンテンツの書き方

  1. 構成案を作成する
  2. 執筆~編集する

SEO対策がインバウンド対策へ活用できるフェーズを解説

SEO対策は多くの広告費を投じることなく、訪日潜在層の旅マエ旅ナカへ訴求できる有効な施策です。

本資料ではSEOの基本的な知識から、インバウンド対策におけるSEO対策が活用できるフェーズについて解説しています。

SEO対策が活用できるフェーズ
▲SEO対策が活用できるフェーズ


資料をご希望の方はこちら(無料)

多言語サイトにおけるSEO対策を解説

多言語サイトにおけるSEO対策では、国・地域によって変わる検索意図を押さえることが重要です。

本資料では単語・用語に関するSEO対策である「ワーディング」や記事・コンテンツの書き方を紹介しています。

国・地域が変われば検索意図も変わる
▲国・地域が変われば検索意図も変わる

資料をご希望の方はこちら(無料)

編集時に必要な観点についても解説

記事の仕上げに必要な編集作業についても注意が必要な観点があります。

海外のユーザーに発信する上で注意すべき事項について解説しています。

執筆・編集:文化や生活の違いによる調整
▲執筆・編集:文化や生活の違いによる調整

資料は無料でご提供中

資料をご希望の方は、以下のフォームまでお問い合わせください。

担当者から個別で資料をお送りさせていただきます。

資料をご希望の方はこちら(無料)

関連インバウンド記事

     

    役にたったら
    いいね!してください

    この記事の筆者

    訪日ラボ編集部

    訪日ラボ編集部

    訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!