「訪日後のリピート買いで越境EC利用したい」9割超 円安で越境EC急増 

24年ぶりの歴史的な円安が追い風となり、越境ECが伸長しています。

BEENOS株式会社が実施したアンケートからは、訪日時のショッピングでのEC活用意向や、訪日後の越境ECでのリピート買いの意向の高さから、今後のさらなる越境ECでの流通伸長が期待されます。

BEENOS、越境EC利用に関するアンケート調査を実施

BEENOS株式会社は、自社グループ運営のサービス「Buyee」、「Buyee Connect」を利用するアメリカと台湾、マレーシア、イギリス在住の顧客約1,900人を対象に「越境ECの利用意向に関するアンケート」を実施しました。

8月26日に発表されたアンケート結果からは、円安の影響で加速する日本の越境EC市場の拡大がうかがえます。

日本の越境利用頻度「月に1回以上」が56%

▲越境ECの利用頻度:BEENOS
▲越境ECの利用頻度:BEENOS


まず日本の越境ECの利用頻度について、全体の56%以上が「月に1回以上」と回答しました。

「月に5回以上」も18%以上にのぼり、特にマレーシアは25%と高くなりました。

「円安後に利用が増えた」6割以上

▲越境EC利用状況の変化:BEENOS
▲越境EC利用状況の変化:BEENOS

円安による、日本の越境ECでの購入頻度や1回あたりの使用金額の変化については、「利用金額と利用頻度のどちらか、あるいは両方が増えた」との回答が63%以上にのぼりました。

特に台湾が73%と最も多くなっています。

購入商品は「おもちゃ・ゲーム・アニメグッズ」がトップ

▲越境ECでの購入商品:BEENOS
▲越境ECでの購入商品:BEENOS

日本の越境ECで購入する商品は、「おもちゃ・ゲーム・アニメグッズ」が各エリアでトップとなり、特にアメリカでは54.9%にのぼりました。

さらにアメリカとイギリスでは「本・CD・DVD・エンタメ」が2位となっており、ジャパニーズコンテンツの強さがうかがえます。

またアジア圏での2位は、台湾が「「ファッション」、マレーシアは「リユース品」となっており、体格や生活様式において日本との親和性が現れています。

「訪日時のショッピングでECも活用したい」 56%以上

▲訪日時のEC利用意向:BEENOS
▲訪日時のEC利用意向:BEENOS

6月にはインバウンドが条件付きで再開されましたが、訪日時に店頭での購入だけでなくECも活用したいかという質問に対し、全体の56%以上が「ECも活用したい」と回答しました。

「訪日後のリピート買いで越境ECを利用したい」92%以上

▲越境ECでのリピート買い意向:BEENOS
▲越境ECでのリピート買い意向:BEENOS

訪日後に、越境ECでリピート買いをしたいかという質問に対しては、全体の92%以上が「リピート買いしたい」と回答しました。

DX化に伴い、これまでインバウンドで購入していた商品の多くが、オンライン上で購入して自宅で受け取ることができるようになっており、越境ECの利便性の高さが評価されていることがうかがえます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

PR TIMES:6割以上が「円安後に越境ECの利用が増えた」 ~越境ECを利用する海外のお客様1,900名にアンケート~

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」


スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!