韓国から日本への旅行予約「急増」10月以降の水際対策緩和でさらに加速か

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

韓国政府による韓国への入国・帰国前の新型コロナ検査義務廃止をきっかけに、訪日旅行の活気が戻り始めています。

9月23日には、岸田首相の会見により10月11日からビザなしで日本個人旅行が可能になると表明されました。

それにより、韓国ではさらに訪日旅行の需要が高まることが予想されます。

韓国から日本への旅行回復、検査義務の廃止

韓国の大手旅行会社であるハナツアーによると、韓国政府が8月31日に検査義務の廃止を発表した後、訪日旅行の回復が明確になったといいます。

同社の海外旅行予約は、8月から2倍以上に増加しています。

特に、訪日旅行は8月29日から9月4日までの1週間で1日平均予約数が直前の2週間(8月15~28日)に比べて413.9%増加しました。

同期間の日本旅行の予約割合は、8.3%から26.1%に拡大しました。

また、7~8月の日本旅行需要のうち、20~30代は39.7%で、19年7~8月の16.1%と比較して大きく増加しました。

自由旅行を好む若い層の比重が高まった様子がうかがえます。

韓国の旅行会社ハナツアーは、「10月以降の予約の問い合わせが急増している」とし、訪日旅行の回復に期待しています。

大手旅行会社のモドゥツアーでは、今月14~22日の日本旅行の予約件数が今月5~13日に比べ140%増加したといいます。

韓国では訪日旅行への期待感が高まっている様子がうかがえます。

関連記事:9/7~水際対策緩和で日本路線の再開続々…世界各地で新規路線開設も相次ぐ【世界の航空便増減まとめ 9月】

日本、ビザなし日本入国解禁

9月23日、岸田文夫首相は米ニューヨークにて記者会見を開き、新型コロナウイルスの水際対策の大幅な緩和を表明しました。

10月11日から一日入国者数の上限撤廃、訪日旅行客の個人旅行とビザなしの短期(最大90日)滞在許容を始める方針です。

それにより、10月11日から日本でビザなしでの個人旅行が可能になります。

岸田首相は、「コロナ禍で苦しんでいた宿泊業、旅行業、エンターテインメント業界などを支援する」と強調しました。

この表明を受け、韓国ではさらに訪日旅行への需要が高まると考えられます。

関連記事:水際対策さらに緩和へ...「インバウンド完全回復」への道筋は

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

ハナツアー:公式サイト

観光庁:公式サイト

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる
完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!